自動車用NVH材料市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

自動車用NVH材料市場は、2020年に110億1,000万米ドルの規模に達しました。自動車用NVH材料は、ノイズ、バイブレーション、ハーシュネス材料とも呼ばれ、自動車の不要なノイズ、バイブレーション(自動車のメカニックによる振動)、ハーシュネス(不快感の度合い)を低減するために使用されます。NVH材料には、成形ゴム、金属とフィルムの積層体、成形発泡体、エンジニアリング樹脂などがあり、空気や構造体から発生する騒音や、自動車の内装部品から発生する騒音を抑制するために使用されます。近年、NVH材料は、騒音を吸収して車内への侵入を防ぐことで、不快感を防ぎ、乗り心地を向上させることができるため、需要が高まっています。

市場の動向

ここ数年、インドや中国などの新興国における自動車の販売台数が順調に増加しています。自動車の騒音レベルを低減するための政府の厳しい規制により、これらの地域ではNVH材料の需要が増加しています。さらに、いくつかのメーカーは、燃費を向上させた軽量車両を開発しており、これが車両の騒音・振動品質の向上に役立っています。これらのメーカーは、NVHソリューションのポートフォリオを強化するために、M&Aにも力を入れています。現在、市場の成長を促進しているその他の要因としては、NVHと車両洗練度が購買決定に与える影響、革新的な技術を搭載した先進的なNVH製品、先進国と発展途上国の両方におけるライフスタイルの変化と所得の増加などが挙げられます。世界の自動車用NVH材料市場は、今後5年間で緩やかな成長を遂げると予想されています。

主要な市場区分

製品別に見ると、市場はポリウレタン、混合繊維、ファイバーグラス、ポリエステル繊維、NBR、ポリプロピレン、PVC、繊維素材(合成)、繊維素材(綿)に分けられます。 現在、世界の自動車用NVH材料市場では、ポリウレタンが最も普及している製品タイプです。

車両タイプ別では、乗用車、LCV、HCVに分類されており、乗用車が最大のシェアを占めています。

また、用途別には、トランクモジュール、フロアモジュール、ホイールアーチ、コックピットモジュール、ルーフモジュール、エンジンケーシング、ボンネットライナーに分類されています。

地域別では、アジア太平洋地域が世界の自動車用NVH材料市場において明らかに優位性を示しています。その他の主な地域は、欧州、北米、中東・アフリカ、ラテンアメリカです。

市場の競合状況

自動車用NVH材料市場における主要な企業としては、BASF SE、The DOW Chemical Company、ExxonMobil、3M Company、三井化学株式会社、住友理工株式会社、Covestro AG、Celanese Corporation、Huntsman Corporation、Lanxess AG、Borgers AGなどが挙げられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]