自動車用マルチホイールドライブ市場、2021年から2026年の間、CAGR5.10%で成長見込み

市場の概要

自動車用マルチホイールドライブ市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。2021年から2026年の間に5.10%のCAGRで市場が成長すると予測されています。自動車用マルチホイールドライブは、全輪駆動またはAWDとも呼ばれ、すべての車輪がエンジンから等しいトルクを受ける自動車の一種です。SUV、トラック、商用車、高級車など、4輪または4輪以上の車輪を持つ自動車を含みます。一般に、2輪駆動の車では、エンジンは一度に前輪または後輪のいずれかに動力を供給することができます。一方、全輪駆動やマルチホイールドライブの場合は、すべての車輪が同時に作動し、悪天候時のトラクションやハンドリングを向上させます。また、雪や氷、泥、オフロード、砂地などの悪路でもスリップを防ぎ、車両を前進させることができるため、理想的なドライブと考えられています。さらに、マルチホイールドライブは、エンジンがより効率的に重量を配分することも可能にします。

市場の動向

消費者の運転中の安全に対する意識の高まりにより、マルチホイールドライブなどの様々な先進的な内蔵安全機能の需要が高まっています。また、車両のトラクションとコントロールを向上させるために、ほとんどの高級車やスポーツカーにはマルチホイールドライブシステムが搭載されています。消費者の嗜好が、ドライビングダイナミクスを向上させた快適で贅沢な運転にシフトしていることから、ヨーロッパやアジアにおける高級車、SUV、その他のスポーツカーの総需要がさらに増加すると予想されます。

主要な市場区分

自動車用マルチホイールドライブ市場は、車両タイプ別に、乗用車、小型商用車、大型商用車に分けられます。これらの中では、現在、乗用車が最大のセグメントとなっています。

トランスミッションのタイプによって、市場は手動式MWDと自動式MWDに分けられています。現在、手動式MWDが主要なセグメントとなっています。

車輪駆動タイプに基づいて、市場は前輪駆動(FWD)、後輪駆動(RWD)、四輪駆動(4WD)/全輪駆動(AWD)に分類されています。

地域別では、アジア太平洋、北米、欧州、中東・アフリカ、ラテンアメリカに区分されています。

市場の競合状況

自動車用マルチホイールドライブ市場における主要な企業としては、ボルグワーナー社、コンチネンタル社、ZF Friedrichshafen AG、ジェイテクト社、マグナインターナショナル社、アメリカンアクスル&マニュファクチャリング社、イートンコーポレーション社、GKN Plc、ダナインコーポレイテッド社、エリコングループ、三菱自動車工業などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]