自動車用鉛蓄電池市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

自動車用鉛蓄電池市場は、2020年に122億7,000万米ドルの規模に達しました。2021年から2026年にかけて市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

鉛蓄電池は、1859年にガストン・プランテによって発明された最も古いタイプの充電式電池で、自動車の始動・点灯・点火(SLI)プロセスに使用されています。硫酸に浸したスポンジ状の鉛(Pb)や過酸化鉛(PbO2)の板を用いて、化学エネルギーを電力に変換します。これらの電池は100年の歴史を持ち、現在でもエネルギー貯蔵の手段として普及しています。セル電圧が高く、低コストであることから、一般的には発電所や変電所で使用されています。エネルギー重量比とエネルギー体積比が非常に小さいにもかかわらず、高いサージ電流を供給することができるため、セルのパワー重量比が大きくなります。そのため、自動車のスターターモーターに必要な大電流を供給するために、自動車との親和性が高いです。また、音楽システム、ワイパー、ラジオ、エアコン、充電プラグなど、自動車に搭載されている様々なアクセサリーへの電圧供給にも貢献しています。

市場の動向及び成長要因

自動車用鉛蓄電池の需要は、世界の自動車産業と強い相関関係があると言われています。世界の自動車市場は、近年の世界的な経済危機の影響を受けて低迷していましたが、先進国・新興国を問わず好調に推移しています。また、電気自動車やE-BIKEの普及により、鉛蓄電池の需要も増加しています。鉛蓄電池は、大電流を流すことができる、腐食や摩耗に強い、過充電に強い、内部インピーダンスが低いなどの特徴があり、電気自動車への搭載に適しています。地域別では、アジア太平洋地域が自動車用鉛蓄電池の最大の牽引役であり、全体の売上の大部分を占めています。次いで、北米、欧州となっています。

主要な市場区分

自動車用鉛蓄電池市場は、車種別に乗用車、商用車、二輪車、HEV車に分類されます。現在、乗用車が最大のアプリケーションとなっています。

製品別では、SLI電池とマイクロハイブリッド電池に分類されています。現在、SLI電池が市場を支配しています。

タイプ別では、浸水式電池、強化浸水式電池、VRLA電池に分類されています。これらの中では、浸水式電池が市場シェアの大半を占めています。

顧客セグメントに基づいて、市場はOEMと交換用に分けられています。現在、OEMセグメントが世界市場を支配しています。

地域別では、アジア太平洋地域、北米、ヨーロッパ、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。その中でも、アジア太平洋地域は最大の市場であり、市場シェアの大半を占めています。

市場の競合状況

自動車用鉛蓄電池市場における主要な企業としては、ジョンソンコントロールズ社、エクサイドテクノロジーズ社、GSユアサコーポレーション、Reem Batteries & Power Appliances Co. Saoc、Enersys Inc.、Saft Groupe S.A.、Northstar Battery Company LLC.、C&D Technologies, Inc.、Robert Bosch GmbH、East Penn Manufacturing Company、Panasonic Corporation、Trojan Battery Company、Samsung Sdi Company Limited、Leoch International Technology Ltd.、Exide Industries Ltd.、Koyo Battery Co., Ltd.、Tai Mao Battery Co., Ltd.、PT Century Batteries Indonesia、Thai Bellco Battery Co.,Ltd.、CSB Battery Co. などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]