自動車用燃料タンク市場、2021年から2026年の間、4.10%のCAGRで成長見込み

市場の概要

自動車用燃料タンク市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。自動車用燃料タンクは、自動車のエンジンシステムを構成する部品の一つで、加圧されたガスや流体を貯蔵し、推進し、エンジンに放出するために使用されます。また、燃料レベルの検出、確実な充填、排出、排出ガスの蒸発、燃料漏れの回避にも使用されます。燃料タンクの効果は、その大きさ、複雑さ、製造工程で使用される素材によって異なります。燃料タンクには、金属製とプラスチック製のものがあります。プラスチック製タンクは主にセダン、多目的車(MPV)、スポーツ・ユーティリティー・ビークル(SUV)に使用され、金属製タンクは商用車やクロスパッセンジャー・ビークルに使用されます。

市場の動向及び成長要因

工業化の進展に伴い、自動車の製造・販売が大幅に増加していることが、市場成長の主な要因となっています。先進国でも新興国でも、乗用車の需要増に支えられ、自動車部門が拡大しています。さらに、世界各国の政府は、排出ガス規制や燃費向上を重視した規制を実施しており、高品質な燃料タンクの生産を強化しています。さらに、損傷や漏れが発生した場合に自動的に密閉できるセルフシール式燃料タンクの製造など、技術的な進歩も市場の成長を促しています。加えて、メーカーは、軽量の燃料タンクを作るために、従来使用されてきたスチールや金属の代わりにプラスチックを採用する傾向にあります。また、可処分所得の増加や生活水準の向上といった要因も市場を牽引しています。自動車用燃料タンク市場は、2021年から2026年の間に4.10%のCAGRで成長すると予測されています。

主要な市場区分

自動車用燃料タンク市場は、材料タイプ、容量、車両タイプ、販売チャネル、地域に基づいて分類されています。

材料タイプ別の市場の内訳は以下の通りです。

プラスチック

アルミニウム

スチール

容量別の市場構成は以下の通りです。

45リットル未満

45~70リットル

70リットル以上

車両タイプ別の市場構成は以下の通りです。

乗用車

LCV

HCV

販売チャネル別の市場構成は以下の通りです。

OEM

アフターマーケット

地域別の市場区分は以下の通りです。

アジア太平洋地域

北アメリカ

ヨーロッパ

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

市場の競合状況

自動車用燃料タンク市場における主要な企業としては、Plastic Omnium、Kautex Textron、Yapp Automotive、TI Automotive、Yachiyo Industries Co. Limited、Magna International、Martinrea International Inc.、Unipres Corporation、Continental、Lyondell Basell、Allgaier Automotive、Boyd Welding、Dali and Samir Engineering、Posco co. Ltd., Baosteel group corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]