自動車用ダイナモメーター市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

自動車用ダイナモメーター市場は、2020年に8億3,360万米ドルの規模に達しました。2021年から2026年にかけて市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

自動車用ダイナモまたはダイナモメーターは、自動車産業において、車両の力、パワー、スピード、トルクなどの機械的パラメータを測定・記録するために使用される試験装置の一種です。自動車業界で使用されるダイナモメーターには、主にエンジンダイナモとシャシーダイナモの2種類があります。エンジンダイナモは、エンジンテスト機能を果たし、エンジンから直接パワーとトルクを測定し、シャシーダイナモは、駆動輪での出力を測定します。また、回転速度、ローラーの加速度、電磁ブレーキの抵抗、燃料消費量、排出ガスなどの測定にも使用されます。自動車用ダイナモは、混合気の空燃比(AFR)、排気ガス温度(EGT)、マニホールド絶対圧(MAP)の計算にも使用されます。

市場の動向及び成長要因

自動車産業の発展と急速な工業化が、市場成長の主な要因です。これに加えて、自動車の修復や改修の需要が高まっていることも、自動車用ダイナモの売上に大きく貢献しています。さらに、先進国と新興国の両方で工業化が進んだことにより、日々の通勤や様々な場所への商品・材料の輸送のために自動車の需要が高まっています。また、航空、航空宇宙、船舶などの分野では、エンジンの効率を最大限に高めるためにダイナモメーターが必要とされており、その適用範囲が広がっていることも市場にプラスの影響を与えています。さらに、エンジントルクパルセーションシミュレーション(ETPS)ダイナモメーターの開発や、エンジンマウントテストベッドやクランク角位置検出などの自動化手順の提供など、技術革新の進展も市場の成長を促進すると考えられます。

主要な市場区分

自動車用ダイナモメーター市場は、製品タイプ、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場内訳は以下の通りです。

シャシーダイナモ

エンジンダイナモ

その他

アプリケーション別の市場構成は以下の通りです。

オートモーティブOEM

オートモーティブアフターマーケット

地域別の市場区分は以下の通りです。

アジアパシフィック

欧州

北アメリカ

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

市場の競合状況

自動車用ダイナモメーター市場における主要な企業としては、AVL、HORIBA、明電舎、Power Test、SAKOR Technologies、Taylor Dynamometer、明電舎、Rototest、MTS、NTS、SuperFlow、Schenck、SGS、Sierra Instruments、Mustang Advanced Engineering、KAHN、Froude Hofmannなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]