自動車用アクティブセーフティシステム市場、2026年に243億米ドル規模到達見込み

市場の概要

自動車用アクティブセーフティシステム市場は、2020年に97億米ドルの規模に達しました。自動車用アクティブセーフティシステムは、様々な道路状況や状況下で、ドライバーによる車両の制御を支援し、交通事故を防止または軽減し、総合的なドライビングエクスペリエンスを向上させる予防システムです。このシステムは、車両を正しい車線に保つことを支援し、事故やその他の危険につながる可能性のある死角を表示します。また、前方衝突警報(FCW)と車線逸脱警報(LDW)を採用し、危険な状況を検知すると警告を発します。その他の機能としては、自律型緊急ブレーキ(AEB)、エレクトロニック・スタビリティ・コントロール(ESC)、アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)があり、車両のブレーキシステムやタイヤシステムの監視から先行車との安全な距離の維持までを行います。自動車用アクティブセーフティシステム市場は、2021年から2026年の間に16.70%の年平均成長率で推移し、2026年には243億米ドルに達すると予測されています。

市場の動向及び成長要因

自動車の保有台数が増加し、それに伴って自動車の安全性が重視されるようになったことが、自動車用アクティブセーフティシステムの需要を押し上げる主な要因となっています。自動車台数の増加に伴い、交通事故による死亡者数が増加していることから、先進国および発展途上国の政府当局は、交通安全を強化するための厳しい規制を導入しています。これに伴い、自動車メーカーは、自動車に安全機能を搭載するとともに、これらのシステムに最新技術を組み込むための研究開発活動に投資しています。さらに、自律走行車への需要が高まっていることも、アクティブセーフティシステムがこれらの車の重要な構成要素となっていることから、市場をさらに牽引しています。

主要な市場区分

自動車用アクティブセーフティシステム市場は、製品、車両タイプ、燃料タイプ、地域に基づいて分類されています。

製品別の市場構成は以下の通りです。

タイヤ空気圧監視システム

車線逸脱警報システム

アダプティブ・クルーズ・コントロール

ナイトビジョンシステム

ドライバーモニタリング

アンチロック・ブレーキ・システム

ブラインドスポット検出

その他

車両タイプ別の市場構成は以下の通りです。

乗用車

小型商用車

大型商用車

その他

燃料タイプ別の市場構成は以下の通りです。

ディーゼル車

ガソリン車

電気自動車

その他

地域別の市場区分は以下の通りです。

アジア太平洋

ヨーロッパ

北アメリカ

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

市場の競合状況

自動車用アクティブセーフティシステム市場における主要な企業としては、Bosch、Continental、Delphi Technologies、ZF Friedrichshafen、Autoliv、Hyundai Mobis、Valeo、DENSO、Magna International、FLIR Systems、Infineon Technologies、Ficosa International S.A.、Groupe PSA、Borg Warner Inc.、CAx Softwareなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]