アンチエイジング市場、2026年に883億米ドル規模到達見込み

市場の概要

アンチエイジング市場は、2020年には585億米ドルの規模に達しました。老化は、生化学的プロセスのサイクルによってもたらされ、一定期間に渡って身体が退化し、個人の健康、フィットネス、身体的外観に影響を与えます。アンチエイジングとは、様々な製品やサービスによってこれらの変化を制限したり、遅らせたりするプロセスを指します。今日では、優れた身体的個性は必要不可欠であり、人生のさまざまな分野での成功を左右するものとなっています。老若男女を問わず、消費者の間で容姿に対する意識が高まっており、アンチエイジング製品や機器の需要が高まっています。世界のアンチエイジング市場は、2021年から2026年の間に7.10%の年平均成長率を示し、2026年には883億米ドルに達すると予測されています。

市場の推進及び制約要因

技術の進歩と研究開発活動への莫大な投資により、整形手術、豊胸手術、ボツリヌス毒素注射療法など、長期的な効果が期待できる新しいアンチエイジング治療法や製品が登場しています。

厳格な規制により、メーカーは消費者に迅速な結果をもたらす、より安全で効率的なアンチエイジング製品を導入するようになり、市場の成長見通しが広がっています。

プレミアムアンチエイジング製品は、従来はデパートで販売されていましたが、専門店での販売により、より身近で広く入手できるようになりました。また、オンラインショップ、サロン、スパ、専門店、インフォマーシャルやホームショッピングチャンネルなどのダイレクトレスポンステレビなどでも販売されています。

しかし、アンチエイジング製品や施術にかかる費用が高額であることや、有害物質を含む偽造品が出回っていることが、市場の成長を妨げる大きな要因となっています。

主要な市場区分

世界のアンチエイジング市場は、年齢層、性別、収入、産業、製品、デバイス、テクノロジー、地域に基づいて分類されています。

年齢層

年齢層別では、25-35歳、35-55歳、55歳以上の3つの年齢層に分けています。現在、世界のアンチエイジング市場をリードしているのは35-55歳の消費者であり、世界市場全体の半分以上を占めています。

性別

性別によって、市場は男性と女性に分けられます。この中では、女性が市場を支配しています。

収入

収入別では、高所得者層がアンチエイジングのための化粧品を購入する余裕があるため、この層が主要な市場となっています。その他の所得層には、低所得層と中間所得層が含まれます。

産業

産業別では、消費者が肌の見た目を重視していることから、スキンケア産業が最大のシェアを占めています。次いでヘアケア、デンタルケアの順となっています。

製品

製品別では、早期のシワや変色を防ぎ、有害な紫外線から肌を保護する日焼け止め製品が最も人気のあるセグメントであることがわかりました。日焼け止め製品に続いて、シワ防止製品、色素沈着防止製品、ヘアケア製品が続きます。

デバイスおよびテクノロジー

デバイスとテクノロジーに基づいて、市場はマイクロダーマブレージョンとエステティックエネルギーデバイスに分けられています。これらのうち、マイクロダーマブレージョン機器が主要なセグメントであり、市場シェアの大半を占めています。

地域

国別では、生活水準が高く、消費者が高級なアンチエイジング製品を消費しているフランスが最大のアンチエイジング市場となっています。その他の主な国としては、ドイツ、イタリア、イギリス、ロシア、スペイン、アメリカ、ブラジル、日本、韓国、中国、タイ、インドなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]