高度認証市場、2026年に241億米ドル規模到達見込み

市場の概要

高度認証市場は、2020年に111億米ドルの規模に達しました。高度認証は、セキュリティ検証のために複数の要素の提示を必要とする検証アプローチです。これらの要素の検証に成功した場合、個人は特定の仮想または物理的空間へのアクセスを許可されます。検証要素には、指紋、網膜スキャン、PIN(Personal Identification Number)、パスワード、セキュリティ質問、OTP(One Time Password)など、ユーザーの所有物、知識、または継承に基づく変数が含まれます。高度認証システムは、データベースやアプリケーションサーバーを介して構成され、ハッキング、個人情報の盗難、オンライン詐欺などのセキュリティ上の脅威から組織やビジネスユニットを保護することに重点を置いています。世界の高度認証市場は、2021年から2026年の間に年率13.80%で推移し、2026年には241億米ドルに達すると予測されています。

市場の動向及び成長要因

様々な分野でのサイバー攻撃やセキュリティ侵害の増加が、世界市場を牽引する主な要因となっています。このことは、オンライン取引の大幅な増加と相まって、市場の成長にプラスに寄与しています。オンライン詐欺や不正アクセスが多発しているにもかかわらず、仮想取引が増加していることから、高度認証システムの必要性が高まっています。さらに、GPS技術を利用したジオフェンシングモデルなどの技術革新により、ユーザーは特定のエリアでの動きを追跡し、不正アクセスを抑制するための効果的なツールを手に入れることができました。ここでは、ユーザーが検証戦略を指定することで、不正なソースからのアクセスを制限することができます。その他の要因としては、テクノロジーの普及率の上昇や、クラウドやデータセンターのユーザー数の増加などが、この市場をさらに押し上げています。

主要な市場区分

高度認証市場は、認証方法、展開、ソリューション、エンドユーザー産業、地域に基づいて分類されています。

認証方法別の市場の内訳は以下の通りです。

スマートカード

バイオメトリクス

モバイルスマートクレデンシャル

トークン

ユーザーベースの公開鍵基盤

その他の認証方式

展開別の市場構成は以下の通りです。

オンプレミス

クラウド

ソリューション別の市場構成は以下の通りです。

シングルファクター認証

マルチファクター認証

エンドユーザー産業別の市場構成は以下の通りです。

銀行・金融サービス

ヘルスケア

官公庁

防衛

IT・テレコム

その他

地域別の市場構成は以下の通りです。

北アメリカ

ヨーロッパ

アジア・パシフィック

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

市場の競合状況

高度認証市場における主要な企業としては、富士通株式会社、Gemalto N. V、日本電気株式会社、CA Technologies (Broadcom Inc.)、Safran Identity and Security SAS、Dell Technologies Inc. (RSA Security)、Lumidigm Inc (HID Global)、Validisoft、Pistolstar、Securenvoy (Shearwater Group)、NetMotion Wireless、CJIS Solutions、AUTHASAS、WideBand Corporation、SECUREAUTHなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]