ミリ波技術市場、2021年から2026年の間、27.3%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ミリ波技術市場は、2020年に11億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は27.3%のCAGRで成長すると予想されています。

ミリ波(MMWまたはmmWave)は、超高周波(EHF)とも呼ばれ、30~300GHzの周波数範囲にあり、1~10mmの波長を持つ電磁波または電波です。MMW技術は、大量のデータを最小限のレイテンシーで高速に伝送することができ、性能、信頼性、帯域幅、スケーラブルな容量を向上させるのに役立ちます。その結果、この技術は、電波天文学、リモートセンシング、自動車用レーダー、ワイヤレスセンシング、イメージング、セキュリティスクリーニング、通信などに幅広く利用されています。

市場の成長及び制約要因

一般家庭や商業施設での高速ネットワーク需要の高まりを背景に、通信インフラの整備が進んでいることも、市場の成長を促す重要な要因の一つです。さらに、国家安全保障に不可欠な無線通信システムや衛星通信システムにMMW技術が導入されたことで、セキュリティプロセスの効率化と信頼性の向上が図られています。これに加えて、無線通信技術やe-コンピューティングサービスの普及率が上昇していることも、市場の成長を促す要因となっています。さらに、ミリ波治療は、循環器系や消化器系の病気、糖尿病、皮膚炎、うつ病など、さまざまな病気の治療に利用されており、これも市場の成長を後押ししています。さらに、インターネット利用者の増加に伴い、帯域幅や速度向上技術へのニーズが高まっていることから、大手企業は5Gネットワークの容量要件を満たすためにMMW技術の導入に注力しています。しかし、コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生や、各国政府によるいくつかの規制により、MMW技術に依存する5Gネットワークの立ち上げは遅れています。

主要な市場区分

ミリ波技術市場は、コンポーネント、製品、周波数帯、ライセンスタイプ、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

コンポーネント別の内訳は以下の通りです。

アンテナとトランシーバー

増幅器

発振器

制御機器

周波数変換器

受動部品  

その他

製品別の内訳は以下の通りです。

通信機器

イメージング&スキャニングシステム

レーダー・衛星通信システム

サービス

周波数帯別の内訳は以下の通りです。

30GHz~57GHz

57GHz~96GHz

96GHz -300GHz

ライセンスタイプ別の内訳は以下の通りです。

ライトライセンスミリ波帯の周波数

ライセンス不要のミリ波帯の周波数

完全にライセンスされたミリ波帯の周波数

アプリケーション別の内訳は以下の通りです。

電気通信

軍事・防衛

自動車および輸送

ヘルスケア

電子機器・半導体

その他

地域別の市場区分は以下の通りです。

北アメリカ

アジアパシフィック

ヨーロッパ

ラテンアメリカ

中近東・アフリカ

市場の競合状況

ミリ波技術市場における主要な企業としては、Aviat Networks Inc.、AXXCSS Wireless Solutions Inc.、Farran Technology Ltd.、Fastback Networks Inc.、Keysight Technologies Inc.、L3 Technologies Inc.、Millimeter Wave Products Inc.、Mistral Solutions Pvt.Ltd. (AXISCADES Engineering Technologies Ltd.)、NEC Corporation、Siklu Communication Ltd.、Smiths Group Plc、Vubiq Networks Inc.などの主要企業による市場の競争状況についても分析しています。(AXISCADES Engineering Technologies Ltd.)、日本電気株式会社、Siklu Communication Ltd.、Smiths Group Plc、Vubiq Networks Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]