コーングルコース市場、2026年に26億米ドル到達見込み

市場の概要

コーングルコースの市場規模は、2020年に21億米ドルに達しました。2021年から2026年までの年平均成長率は3.30%で、2026年には26億米ドルに達すると予測されています。

グルコースシロップとも呼ばれるコーングルコースは、トウモロコシのデンプンを加水分解して得られる食品用シロップです。主にカロリーを濃縮したもので、栄養価はほとんどありません。ここ数年、コーングルコースは砂糖の代替品として人気が出てきました。食品加工業界におけるコーングルコースの需要も、ここ数年で大きく伸びています。コーングルコースは、主に市販の食品の主要成分として使用されており、風味の向上、色調の改善、ボリュームの追加、食品の滑らかな食感の付与などの効果があります。砂糖の結晶化を防ぐ効果があるため、コーングルコースは、菓子、ジャム、缶詰、アイスクリーム、シャーベット、飲料、乳製品、ビスケット、ペストリー、シリアル、ケチャップ、ソース、ビタミン剤、咳止め薬などに幅広く使用されています。

主要な市場区分

世界のコーングルコース市場は、主要地域を基準にセグメント化されています。中国は現在、世界最大のコーングルコースの生産国であると同時に消費国でもあり、世界全体の生産量の大半を占めています。それに続くのが米国とヨーロッパです。

市場の競合状況

世界のコーングルコース市場における主要な企業としては、グローバル・スウィートナーズ・ホールディング社、ロケット・フレール社、カーギル社、イングレディオン社、ADM社などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]