空挺ISR市場、2026年に342億米ドル規模到達見込み

市場の概要

空挺ISR市場は、2020年に257億米ドルの規模に達しました。空挺ISR(Intelligence, Surveillance and Reconnaissance)システムは、敵対勢力だけでなく味方勢力の発見・追跡や、敵対目標へのダメージ評価に役立ちます。また、軍人を保護するための状況認識を強化するための様々なセキュリティ活動を支援します。これらのシステムでは、情報を取得するために、電気光学/赤外線(EO/IR)センサー、レーダー、信号情報(SIGINT)システムの3種類の電子センサーを使用します。現在、防衛当局は国家安全保障を向上させ、潜在的な敵からデータを取得するために、空挺ISRシステムに投資しています。

市場の成長要因

有人のISR航空機と比較して、無人航空機(UAV)は小型で信頼性が高く、費用対効果に優れています。また、エンジン、自動操縦、機体、センサーパッケージ、ナビゲーションシステム、通信リンクなどの様々なシステムや、GPS、LASER、SAR(合成開口レーダー)、IMU(慣性計測ユニット)などの搭載センサーを備えています。その結果、世界中でUAVの需要が促進され、それが空挺ISR市場の成長を後押ししています。さらに、経済的繁栄、テロ攻撃の脅威の増大、政治的・宗教的衝突の増加などの理由から、世界のいくつかの国では、戦争能力の強化に力を入れています。これは、敵の侵入を回避し、敵の強さや動きに関する情報を収集するのに役立ちます。世界の空挺ISR市場は、2021年から2026年の間に4.90%のCAGRを示し、2026年には342億米ドルの規模に達すると予想しています。

主要な市場区分

空挺ISR市場は、プラットフォーム別、システム別、タイプ別、燃料タイプ、アプリケーション別、地域別に分類されています。

プラットフォーム別の市場内訳は以下の通りです。

航空

宇宙

陸上

海上

システム別の市場内訳は以下の通りです。

海上パトロール

電子戦

空中早期警戒管制(AEWC)

航空機による地上監視(AGS

シグナルインテリジェンス(SIGINT)

タイプ別の市場内訳は以下の通りです。

監視

偵察

インテリジェンス

燃料タイプ別の市場内訳は以下の通りです。

水素燃料電池

太陽電池

代替燃料

バッテリー駆動

ガスと電気のハイブリッド

アプリケーション別の内訳は以下の通りです。

有人の情報監視・偵察(ISR)

無人の情報監視・偵察(ISR)

地域別の市場区分は以下の通りです。

北アメリカ

ヨーロッパ

アジア太平洋地域

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

市場の競合状況

空挺ISR市場における主要な企業としては、BAE Systems PLC、L3Harris Technologies, Inc.、Kratos Defense & Security Solutions Inc.、Thales Raytheon Systems、Elbit Systems Ltd、UTC Aerospace Systems (United Technologies Corporation)、General Dynamics、CACI International Inc.、Northrop Grumman Corporation、Lockheed Martin Corporation、UTC Aerospace Systems、FLIR Systems Inc.、Airbus、General Atomicsなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]