農業用ロボット市場、2026年に211億米ドル到達見込み

市場の概要

農業用ロボット市場は、2020年に54億米ドルの規模に達しました。農業用ロボットは、アグリボットとしても知られており、農業業界における最新のイノベーションの一つです。農業用ロボットは、収穫物の品質と効率を向上させ、手作業への依存を最小限に抑え、全体的な生産性を向上させるために利用される自律的な機械です。農業用ロボットは通常、エンドエフェクタや専用のアームを備えており、雑草の駆除、播種・植付、航空データの収集、地図の作成、施肥・灌漑、異種作物の栽培、収穫、土壌分析、環境モニタリングなど、園芸分野のさまざまな作業を行います。また、これらのロボットは、酪農業において家畜の洗浄や搾乳にも使用されています。

市場の動向及び成長要因

人口の増加に伴い、世界的に食料需要が急速に高まっています。その結果、農家は生産性を向上させ、より多くの収入を得るために、農業用ロボットのような最新のツールや機器にシフトしています。さらに、世界各国の政府は、補助金を提供したり、農家に自動化技術についての認識を広めるための取り組みを行っています。例えば、欧州連合(EU)は、労働集約的な作業を高度な自動化技術に置き換えるために、GRAPEやMARSなどのプロジェクトに資金を提供しています。さらに、いくつかの既存および新興の農業関連企業が、革新的な農業用ロボットを導入するための研究開発活動に投資しています。今後、世界の農業用ロボット市場は、2021年から2026年の間に年率25.50%で推移し、2026年には211億米ドルに達すると予測されています。

主要な市場区分

農業用ロボット市場は、製品タイプ、アプリケーション、製品、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の内訳は以下の通りです。

無人航空機(UAV)/ドローン

搾乳ロボット

自動収穫システム

ドライバーレス・トラクター

その他

アプリケーション別の内訳は以下の通りです。

フィールドファーミング

酪農管理

動物管理

土壌管理

作物管理

その他

製品別の内訳は以下の通りです。

ハードウェア

ソフトウェア

サービス

地域別の市場構成は以下の通りです。

北アメリカ

ヨーロッパ

アジア太平洋地域

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の農業用ロボット市場における主要な企業としては、Deere & Company、Trimble Inc.、Agco Corporation、Lely Holding S.À.R.L、AG Eagle LLC、Agribotix LLC、Agrobot、Harvest Automation、Naio Technologies、Precision Hawk、IBM、Agjunction, Inc, DJI、Boumatic Robotics, B.V.、AG Leader Technology、Topcon Positioning Systems, Inc.、Autocopter Corp、Auroras S.R.L.、Grownetics Inc.、Autonomous Tractor Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]