材料試験の市場規模、2026年に69億米ドル到達見込み

市場の概要

材料試験市場は、2020年に56億1,000万米ドルの価値に達しました。今後、2021年から2026年までの年平均成長率は3.51%で、2026年には69億米ドルに達すると予測されています。

材料試験とは、様々な材料や部品の物理的、構造的、機械的特性を測定する技術のことです。材料試験は、金属、セラミック、プラスチックのさまざまな条件下での挙動を分析し、それらが最適な状態にあるかどうかを評価するために使用されます。材料試験は、機械的試験、熱的試験、腐食、放射線、生物学的劣化に対する耐性試験、非破壊試験に分類されます。これらの試験は、主に万能試験機、油圧サーボ式試験機、硬度試験機、衝撃試験機などを用いて行われ、生産、品質管理、研究、実験などに利用されています。その結果、材料試験は、自動車、航空宇宙・防衛、建設、教育、エネルギー・電力、石油・ガスなど、さまざまな業界で幅広く利用されています。

市場の動向

急速な工業化と建設業界の著しい成長が、市場の見通しを良くする主な要因の一つです。原材料は、製品の品質を維持・向上させるために、その機械的特性を検査します。例えば、建設業界では、接着剤、シーリング材、コンクリート、モルタル、セラミック、スレート、石、パイプなどの材料を試験し、必要な特性を備えているかどうかを確認します。これに伴い、様々な業界で革新的な複合材料の製造が行われていることも、市場の成長に寄与しています。多段階の試験機能や画像・動画撮影機能を備えた試験装置の開発など、いくつかの技術的進歩が市場の成長を後押ししています。その他の要因としては、医療分野で材料の完全性、表面形状、接着能力をテストする製品の採用が増えていることや、広範な研究開発(R&D)活動が市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界の材料試験市場は、タイプ、材料、最終用途産業、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の内訳は以下の通りです。

万能試験機、油圧サーボ試験機、硬度試験機、衝撃試験機、非破壊検査機

材料別の内訳は以下の通りです。

金属・合金、プラスチック、ゴム・エラストマー、セラミックス・複合材料、その他

最終用途産業別の内訳は以下の通りです。

自動車、建設業界、教育、航空宇宙・防衛、石油・ガス、エネルギー・電力、その他

地域別内訳は以下の通りです。

北アメリカ、アメリカ、カナダ、アジアパシフィック、中国、日本、インド、韓国、オーストラリア、インドネシア、ヨーロッパ、ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、スペイン、ロシア、ラテンアメリカ、ブラジル、メキシコ、中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の材料試験市場における主要企業としては、Admet Inc.、Ametek Inc.、Applied Test Systems LLC、Illinois Tool Works Inc.、Labquip、Mistras Group Inc.、Mitutoyo Corporation、MTS Systems Corporation、Shimadzu Corporation、Tinius Olsen Ltd.、Wirsam Scientific、ZwickRoell AGなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]