ラクダ乳製品市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見通し

市場の概要

ラクダ乳製品市場は、2020年に23億米ドルの規模に達しました。同市場は今後5年間で緩やかな成長を示すと予想されています。ラクダミルクの価格は、従来の牛のミルクに比べてかなり高くなっています。これは、ラクダのミルクの生産量が牛のミルクに比べて少なく、ラクダの飼育コストも牛のそれに比べて高いことが原因です。しかし、ラクダの健康効果は、価格の高さをはるかに上回るものです。

ラクダのミルクには、牛乳に比べて数倍の鉄分とビタミンCが含まれています。さらに、ラクダのミルクはコレステロールや脂肪が少なく、タンパク質が豊富です。また、自閉症の子どもたちにラクダミルクが良い影響を与え、より良い生活を送れるようになったという医学的な研究結果もあります。また、乳糖不耐症の人も、牛のミルクに比べてラクダミルクの方がよく効くことがわかっています。このような栄養豊富な特徴を背景に、ラクダ乳製品は世界中で徐々に人気を集めています。ラクダの乳製品を製造するメーカーも、ラクダのミルクを使った製品の種類やフレーバーを増やしています。人気のある製品には、フレッシュミルク、フレーバーミルク、ラバン、チーズ、アイスクリーム、ヨーグルト、粉ミルク、乳児用ミルクなどがあります。

主要な市場区分

ラクダ乳製品市場は、製品タイプ、流通チャネル、パッケージタイプ、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別に、市場は生ラクダ乳、低温殺菌ラクダ乳、フレーバーラクダ乳、ラクダ乳チーズ、ラクダ乳ヨーグルト、ラクダ乳ラバン、ラクダ乳ギー、ラクダ乳アイスクリーム、ラクダ乳パウダー、ラクダ乳幼児用粉ミルク、その他に分類されています。

流通チャネルに基づいて、市場はスーパーマーケット・ハイパーマーケット、コンビニエンスストア、専門店、オンラインストア、その他に分類されています。

パッケージタイプ別では、市場はカートン、ボトル、缶、ジャー、その他に分類されています。

地域別では、中東、アフリカ、アジア、オセアニア、その他の地域に分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]