エクササイズバイク市場、2026年に7億9,540万米ドル到達見込み

市場の概要

エクササイズバイク市場は、2020年に5億9,750万米ドルの規模に達しました。同市場は、2021年から2026年の間に4.76%の年平均成長率を示し、2026年には7億9,540万米ドルの市場規模に達すると予想されます。エクササイズバイクは、固定式自転車としても知られており、通常の自転車に似た据え置き型のフィットネスマシンです。サドル、ペダル、ハンドル、フットストラップなど、さまざまな部品で構成されています。他の運動器具と比較して、エクササイズバイクは腰や関節の問題を抱えている人に適した低負荷のワークアウトを提供します。さらに、体重を減らすことで体全体のフィットネスを向上させ、ストレス、糖尿病、高血圧などの生活習慣病の対策にも役立ちます。

市場の成長要因

多忙な仕事、座りっぱなしの生活、食の嗜好の変化などにより、消費者は栄養価が低く、健康に悪い脂肪分を多く含むファストフードや調理済み食品に頼るようになっています。その結果、肥満やその他の慢性疾患が増加しています。健康志向の高まりにより、エクササイズバイクの需要が高まっています。エクササイズバイクは、身体に等張運動をもたらし、スタミナの向上、心拍数の増加、体脂肪の燃焼などに役立ちます。

メーカーは、消費者層を広げるために、エクササイズバイクに様々な革新的技術を導入しています。最近のエクササイズバイクでは、サイクリング中にスクリーンに表示されるライブストリームビデオを見ることができます。また、最近ではバーチャルリアリティ機能を搭載したエクササイズバイクも発売され、ユーザーに全く違った雰囲気を提供することができるようになりました。

市場の成長を支えているその他の要因としては、購買力の向上、ライフスタイルの改善、若者の増加、糖尿病や心疾患の増加などが挙げられます。

製品タイプ別の内訳

製品タイプ別では、リカンベント型とアップライト型に分類されます。現在、リカンベントタイプのエクササイズバイクが市場シェアの大半を占めています。

エンドユーザー別の内訳

エンドユーザー別では、家庭用が最大の市場となっています。次いでジム/ヘルスクラブ、その他となっています。

地域別の状況

地域別では、肥満やその他の疾病の増加により、北米が世界のエクササイズバイク市場でトップの地位を占めています。次いで、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、ラテンアメリカ、中東・アフリカとなっています。

市場の競合状況

エクササイズバイク市場は、大規模なメーカーだけでなく小規模なメーカーも複数存在しており、断片的な性質を持っています。市場で活動している主な企業は以下の通りです。

ブランズウィック・コーポレーション

アイコンヘルス&フィットネス社

ノーチラス

プリコー

Technogym

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]