シガレットライター市場、2021年から2026年にかけて堅調に成長見込み

市場の概要

シガレットライターの世界市場は、2020年に59億米ドルの規模に達しました。シガレットライターは、タバコや葉巻、パイプに火をつけるための炎を出す装置です。ライターは、金属製またはプラスチック製の容器に可燃性の液体または加圧された液体ガスを入れ、点火手段と、炎を簡単に消すための手段を備えています。1800年代初頭、ドイツの化学者、ヨハン・ウォルフガング・ドベライナーが最初のライターを発明し、「ドベライナーのランプ」と呼ばれました。その後、大手メーカーがデザインや機能を大幅に変更し、消費者の利便性を高めてきました。

市場の動向

世界的な喫煙率の上昇と、消費者の所得の増加に伴い、ライターの需要は増加しています。その結果、メーカーは収益性を高め、消費者に多様な選択肢を提供するために、フリントライターから自動車用ライターまで、さまざまなシガレットライターを発表しています。また、ボタンを押すだけで炎が出る、電池式の電子ライターも登場しています。しかし、ライターの製造には、国際規格EN ISO 9994:2002や欧州規格EN 13869:2002などの特定の規制に従わなければなりません。これらの規制は、消費者に提供される最終製品の安全性と信頼できる性能を保証するものです。2021年から2026年にかけて、世界のシガレットライター市場は安定した成長を見せると予想されています。

主要な市場区分

世界のシガレットライター市場は、製品タイプ、素材、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の内訳は以下の通りです。

フリントシガレットライター

電子タバコ用ライター

その他

製品タイプ別では、他のライターに比べて価格が手頃で使いやすいフリントライターが最も人気があります。

素材別の内訳は以下の通りです。

金属

プラスチック

その他

素材別では、軽量、耐久性、寸法安定性、耐火性、耐熱性、耐薬品性に優れたプラスチックが市場の大半を占めています。

流通チャネル別の内訳は以下の通りです。

たばこ店

スーパーマーケット、ハイパーマーケット

コンビニエンスストア

オンラインストア

その他

ライターは主にたばこ店で販売されており、市場の大半を占めています。

地域別の市場区分は以下の通りです。

アジア太平洋地域

東欧

西ヨーロッパ

中近東・アフリカ

北アメリカ

ラテンアメリカ

地域別では、アジア太平洋地域が世界市場において明らかに優位性を示しています。これは、同地域における喫煙者の増加傾向、人口の増加、消費者の可処分所得の増加によるものです。

市場の競合状況

シガレットライター業界は非常に集中しており、一握りのメーカーが存在し、価格と品質の両面で競争しています。主なプレイヤーは以下の通りです。

ビックコーポレーション

Cricket Lighters (Swedish Match Lighters BV)

クリッパー(フラマガ社)

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]