指向性エネルギー兵器市場、2021年から2026年の間、21.3%のCAGRで成長見込み

市場の概要

指向性エネルギー兵器市場は、2020年に174億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に同市場は21.3%のCAGRで成長すると予想されています。

指向性エネルギーとは、マイクロ波、ラジオ波、レーザーなどの集中した電磁エネルギーのビームを作り出す技術を指します。この技術は、敵の機器、施設、人員を無力化、損傷、破壊するために広く採用されている兵器に使用されています。一般的な製品には、高エネルギーレーザー兵器、高出力の高周波またはマイクロ波デバイス、荷電粒子または中性粒子ビーム兵器などがあります。これらの兵器は、従来の兵器と比較して、高速での殺傷力の伝達、重力や大気抵抗の影響の少なさ、ノイズのない不可視のビームによるステルス性など、多くの利点があります。そのため、指向性エネルギー兵器は、軍艦、陸上車両、航空機、無人車両(UMV)などに広く搭載されています。

市場の動向及び成長要因

地理的な紛争の増加と、戦闘用途における高度な軍事機器の需要の増加が、指向性エネルギー兵器の世界市場を推進しています。また、複数の防衛・軍事組織が国家安全保障を強化するために既存のインフラを近代化するための投資を増やしていることも、市場の成長を促進しています。さらに、極超音速兵器、特にミサイルの脅威が高まっていることから、ミサイルの軌道を早期に破壊するための指向性エネルギー兵器の需要が高まっています。また、化学・生物・放射線・核(CBRN)などの緊急事態から市民を守るために、直接エネルギー兵器の採用が進んでいることも、市場の成長を後押ししています。さらに、指向性エネルギー兵器を搭載した軍用UAVやドローンが登場し、長距離での精密なターゲティングや遠隔操作が可能になったことも、世界市場を牽引しています。今後数年間は、巡航ミサイルを迎撃するための高エネルギーレーザー(HEL)など、いくつかの先進的なソリューションを導入することで、世界レベルでの指向性エネルギー兵器市場の活性化が続くと考えられます。

主要な市場区分

世界の指向性エネルギー兵器市場は、タイプ、用途、技術、最終用途、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の内訳は以下の通りです。

致死性

非致死性

用途別の内訳は以下の通りです。

国土安全保障

防衛

技術別の内訳は以下の通りです。

高エネルギーレーザー

化学レーザー

ファイバーレーザー

自由電子レーザー

固体レーザー

高出力マイクロ波

粒子線

最終用途別の内訳は以下の通りです。

艦船

陸上車両

エアボーン

ガンショット

地域別の市場区分は以下の通りです。

北アメリカ

アジア太平洋

ヨーロッパ

ラテンアメリカ

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の指向性エネルギー兵器市場における主要な企業としては、Applied Companies、BAE Systems Plc、L3harris Technologies Inc.、Lockheed Martin Corporation、Moog Inc.、Northrop Grumman Corporation、Qinetiq Group PLC、Raytheon Technologies Corporation、Rheinmetall Aktiengesellschaft、Textron Inc.、The Boeing Companyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]