バタフライバルブ市場、2026年に127億9,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

バタフライバルブ市場は、2020年に93億9,000万米ドルの価値に達しました。今後、2021年から2026年までの年平均成長率は4.25%で、2026年には127億9,000万米ドルに達すると予測されています。

バタフライバルブは、1/4回転の回転遮断弁で、配管内の気体や液体の流れを開始、調整、停止するために使用されます。バタフライバルブは、中央でヒンジ結合された2枚の半円形プレートと、シール、ステム、ディスク、ハンドルやギアで操作できる操作部で構成されています。この装置は、経済的で信頼性が高く、メンテナンスが少なくて済むため、給水・処理施設、化学工業、石油・ガス工業、発電システムなど、さまざまな用途で重要な役割を果たしています。

市場の動向

石油・ガス産業における自動化の進展に伴い、工業化が進んでいることは、市場の成長を促す重要な要因の一つです。バタフライバルブは、製油所やオイルターミナル、デポからの原油やガスの抽出に広く使用されています。また、工業生産プロセスの運用効率を高めるためにも使用されています。さらに、発展途上国における発電への投資の増加も、市場の成長を促進すると予想されます。また、エネルギー利用率の高いスマートシティの開発も、本製品の採用率を高めています。さらに、高圧に耐え、メンテナンスフリーであるステンレス製の製品の需要も高まっています。これらの製品は、サイズがコンパクトで軽量であり、運用コストも低いため、紙・パルプの生産、燃料の取り扱い、空調・冷凍システムなどに広く使用されています。また、3Dプリンティング技術を用いたバタフライバルブの製造や、性能向上のためのIIoT(Industrial Internet of Things)の導入などの要因が、バタフライバルブ市場の成長をさらに促進すると予測されています。

主要な市場区分

世界のバタフライバルブ市場は、製品タイプ別、素材タイプ別、デザイン別、機能別、最終用途産業別、地域別に分類されています。

製品タイプ別の内訳は以下の通りです。

ゴムライニングバタフライバルブ

プラスチックライニングバタフライバルブ

メタルライニングバタフライバルブ

素材タイプ別の内訳は以下の通りです。

ステンレススチール

鋳鉄

アルミニウム

デザイン別の内訳は以下の通りです。

セントリックバタフライバルブ

シングルエキセントリックバタフライバルブ

ダブルエキセントリックバタフライバルブ

トリプルエキセントリックバタフライバルブ

機能別の内訳は以下の通りです。

オン/オフバルブ

制御弁

最終用途産業別の市場構成は以下の通りです。

オイル・ガス業界

水・下水産業

発電業界

化学業界

地域別の市場区分は以下の通りです。

アジア太平洋地域

ヨーロッパ

北アメリカ

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のバタフライバルブ市場における主要な企業としては、Alfa Laval Corporate、Curtiss-Wright、Flowserve、Emerson Electric、Pentair、Weir Group、AVK Group、Crane Company、Schlumberger、Velan、KSB、Honeywellなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]