酢酸市場規模、2026年に151億米ドル到達見込み

市場の概要

酢酸市場は、2020年に98億米ドルの規模でした。今後、2021年から2026年の間に6.8%の年平均成長率を示し、2026年には151億米ドルの市場規模に達すると予想されています。

酢酸(CH3COOH)は、エタン酸やメタンカルボン酸とも呼ばれ、強い酸味と刺激的な匂いを持つ無色の有機化合物を指します。酢酸金属、酢酸ビニル、酢酸セルロース、酢酸エチルや酢酸ブチルなどの揮発性有機エステルの製造に使用される、最も重要な化学試薬および工業薬品の一つです。また、天然の炭水化物を発酵・酸化させて得られる酢酸を希釈したものは、家庭での洗浄剤として広く使用されています。

市場の動向及び成長要因

酢酸は、コーティング剤、グリース、ポリエステル、シーラントなどの製造に使用され、電子機器、自動車、繊維、包装など多くの産業で利用されています。

現在、ポリエチレンテレフタレート(PET)ボトルは、軽量でリサイクルが可能であることから、医療や消費財の分野で人気を集めています。PETボトルは、酢酸を原料とする高純度テレフタル酸(PTA)を用いて製造されるため、その需要が拡大しています。

酢には、体重減少、血圧維持、血糖値やコレステロール値の調整などの効果があることから、消費量が増加しています。酢酸は食酢の製造に使用されるため、市場全体の成長を促進しています。

酢酸メーカーは、BP社のCativaやCelanese社のAO-plus(Acid Optimization Plus)などの新技術を採用する傾向にあります。さらに、生産能力の増強、生産効率の向上、エネルギー消費量の約30%削減、運転コストの削減も実現します。このように、化学品やその派生品の製造にこれらの新技術が採用されるようになったことで、業界の成長に明るい見通しが立っています。

主要な市場区分

世界の酢酸市場は、用途別、最終用途別、地域別に分類されています。

用途別では、VAM、PTA、無水物、Ethyl Acetate、Butyl Acetate、その他に分類されています。その中でもVAMは、繊維、塗料、コーティング、接着剤などに使用される多くのポリマーや樹脂の製造に使用されています。

最終用途別では、プラスチック・ポリマー、食品・飲料、インク・塗料・コーティング、化学品、医薬品、その他に分類されます。

地域別では、中国が世界の酢酸市場でトップの座を占めています。酢酸は重要な有機酸の一つであり、中国の化学工業で広く使用されています。その他の市場としては、北米、北東アジア、西・東ヨーロッパ、東南アジア、中東・アフリカなどがあります。

市場の競合状況

世界の酢酸市場における主要な企業は以下の通りです。

British Petroleum Plc

セラニーズ・コーポレーション

ダイセル・コーポレーション

デュポン

イーストマン・ケミカル・カンパニー

GNFC社

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]