軍用垂直離着陸機市場、2021年から2026年の間、緩やかな成長見込み

市場の概要

軍用垂直離着陸機市場は、2015年から2020年にかけて約4%のCAGRで成長しました。軍用垂直離着陸機(VTOL)は、長い滑走路を必要とせずに、同じ場所、小さなパッド、または準備されていない場所から操作、離陸、着陸します。軽量で効率的なターボファンを搭載しており、従来の航空機と比較してより多くの機動性を発揮することができます。基地や航空母艦から戦地へ、迅速かつ容易に、そして安全に兵員を輸送するために広く利用されています。また、自然災害時の救助活動では、被災者に必要な物資を提供するためにも使用されています。現在、電気モーターを使用するドローンなどのVTOL無人航空機(UAV)は、ジェットエンジンよりもエネルギー効率が高いため、世界中の防衛・軍事分野で広く採用されています。

市場の成長要因

国際的な国境紛争の増加に伴い、いくつかの国の政府機関では、既存の航空機を次世代の軍事機器や武器に調達・交換しています。これが市場の成長を促す大きな要因の一つとなっています。さらに、VTOL 無人航空機は困難でコンパクトな場所にも着陸できるため、遠隔地でのテロ活動を監視・追跡するテロ対策にも使用されています。この他にも、過酷な基地や最前線の戦闘地域で運用できる軍用機の需要が高まっており、市場の成長にプラスの影響を与えています。また、自然災害の影響を受けやすい地域では、被害を軽減するために軍用機の需要が高まっています。さらに、環境問題への関心が高まっていることから、メーカーはさまざまな技術や生産戦略を駆使して、効果的な空力性能と運用コストの削減を実現するハイブリッド電動VTOL機を開発しています。世界の軍用垂直離着陸機市場は、今後5年間で緩やかな成長を示すと予想されています。

主要な市場区分

世界の軍用垂直離着陸機市場は、航空機タイプ、用途、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

航空機タイプ別の内訳は以下の通りです。

ロータークラフト

パワーリフティング

用途別の内訳は以下の通りです。

戦闘活動

農業および鉱業

国境管理

戦闘被害管理

エンドユーザー別の内訳は以下の通りです。

軍事

民間・商業

ホームランドセキュリティ

地域別の市場区分は以下の通りです。

北アメリカ

アジアパシフィック

ヨーロッパ

ラテンアメリカ

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の軍用垂直離着陸機市場における主要な企業としては、AeroVironment Inc.、Airbus SE (Airbus Group)、BAE Systems Plc、Israel Aerospace Industries Ltd.、Lockheed Martin Corporation、Neva Aerospace Ltd.、Northrop Grumman Corporation、Saab AB、Textron Inc.、The Boeing Companyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]