健康保険市場、2021年から2026年の間、6.9%のCAGRで成長見込み

市場の概要

健康保険市場は、2020年に2兆8,640億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に6.9%のCAGRで成長すると予想されています。

健康保険は、医療上の緊急事態に起因する経済的損失から被保険者を保護するものです。健康保険は、救急車の費用、医師の診察料、入院費、薬代、保育料などの医療費をカバーします。保険金の支払いは、病院で実際にかかった費用を元にした医療費請求書、または請求書を提出せずに病気を診断した場合に行われるのが一般的です。また、健康保険では、保険会社のネットワーク病院でキャッシュレスで治療を受けることができます。これに加えて、健康保険には様々な病状に対する税制上の優遇措置もあります。最近では、様々な健康保険会社が、特定の病気のために自宅で医療行為を行う「自宅療養」を補償しています。

市場の動向及び成長要因

糖尿病、癌、脳卒中、腎不全の増加に伴う医療費の増加は、世界的に健康保険の需要を増大させる主な要因の一つとなっています。さらに、いくつかの国の政府機関は、雇用主が従業員に健康保険を提供することを義務付けています。また、これらの機関は、観光客のための国際健康保険を義務付ける法律を施行しています。また、高齢者人口の増加に伴い、政府の健康保険プログラムや低い保険料で提供されるスキームの導入が促進されています。さらに、健康意識の高まりや医療インフラの改善も市場成長を促進する要因となっています。この他にも、様々な企業がコロナウイルス感染症(COVID-19)の治療中に発生した医療費をカバーしています。また、保険金請求処理や保険契約管理のデジタル化にも力を入れており、今後数年間、市場にプラスの影響を与えることが予想されます。

さらに市場を牽引しているのは、様々なプレイヤーが健康保険商品のプロモーションにソーシャルメディアを広く採用していることです。ソーシャルメディアのプラットフォームは、多様な顧客層にリーチすることができるため、プレイヤーに多くの成長機会を提供すると予想されます。さらに、健康保険市場の様々なプロセスをデジタル化することで、顧客は多数のベンダーが提供する複数のプランを比較することができます。これにより、保険会社と企業の間で透明性の高いコミュニケーションが可能になり、関連情報を効果的に開示することで、最終的には個人が十分な情報を得た上で意思決定を行うことができるようになるため、市場の見通しが明るくなります。

医療保険とビッグデータ分析の統合が進んでいることで、保険会社は進化し続ける消費者の需要を認識するために、モデルや戦略を多様化しています。また、予測分析やシナリオベースのモデリングの導入が進んでいるため、保険会社は顧客のためにカスタマイズされたソリューションを様々な価格オプションで提供することができます。また、世界中でクラウドベースのサービスが普及し、高速インターネット接続が普及していることから、経験豊富な業界の専門家とリアルタイムで相談することができ、お客様に洞察力に富んだ提案をすることが可能になっています。また、COVID-19パンデミックの発生とそれに伴う各国政府による強制的な外出禁止措置は、世界中でオンライン保険相談の需要に拍車をかけています。その他の市場成長の要因としては、一般消費者の間で家族を対象とした医療保険が広く普及していること、発展途上国の農村部で医療サービスや医療保険の普及が進んでいること、低額の保険料で年1回/2回の無料検診と追加のカスタマイズを提供する保険が導入されていることなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]