指紋センサー市場、2026年に85億米ドル規模到達見込み

市場の概要

指紋センサー市場は、2020年に37億米ドルの規模に達しました。指紋センサーは、個人の指紋をスキャンし、その指紋を使って本人認証を行う生体認証セキュリティシステムのコンポーネントです。高コントラストの指紋画像をキャプチャし、デジタルコードに変換して指紋の微細構造として保存します。指紋センサーは、高速で信頼性が高く、便利で費用対効果が高く、さまざまな機器にシームレスに組み込むことができます。その結果、世界中の家電、政府・法執行機関、航空宇宙、ヘルスケア、防衛・軍事、銀行・金融サービス・保険(BFSI)、旅行・入国管理などの分野で利用されています。

市場の成長要因

様々な業界でのセキュリティ侵害の増加が、指紋センサーの売上を促進しています。これらのデバイスは、認証プロセスを強化し、多くの施設やITシステムへの安全なアクセスコントロールを提供するために採用されています。また、これらのセンサーは、世界中の企業や政府機関における勤怠管理システムのデジタル化に広く採用されています。さらに、自動化の流れの中で、スマートフォンやウェアラブル製品、最新の自動車に指紋センサーを組み込むことで、エンジンの起動や電話、アプリケーション、ドアロックの解除が可能になっています。これに加えて、主要市場のプレーヤーは、人工知能(AI)などの先進技術を取り入れて、認証プロセスの精度を高め、パーソナライズされたユーザー体験を提供しており、これが市場の成長を強化しています。しかし、コロナウイルス感染症(COVID-19)の突然の発生と、それに伴う各国の管理機関によるロックダウンの宣言が、市場にマイナスの影響を与えています。しかし、正常な状態に戻れば、市場は回復すると予想されます。指紋センサー市場は、2021年から2026年の間に14.64%の年平均成長率で推移し、2026年には85億米ドルに達すると予測されています。

主要な市場区分

指紋センサー市場は、タイプ、技術、用途、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の内訳は以下の通りです。

エリア・タッチセンサー

スワイプセンサー

技術別の内訳は以下の通りです。

静電容量式

光学式

サーマル

その他

用途別の内訳は以下の通りです。

コンシューマーエレクトロニクス

政府・法執行機関

軍事・防衛・航空宇宙

旅行・移民

銀行・金融

ヘルスケア

スマートホーム

地域別の市場区分は以下の通りです。

北アメリカ

アジアパシフィック

ヨーロッパ

ラテンアメリカ

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の指紋センサー市場における主要な企業としては、3M Cogent Inc.、Anviz Global Inc.、Apple Inc.、BIO-Key International Inc.、Egis Technology Inc.、Fingerprint Cards AB、IDEMIA(Advent International Corporation)、Idex Biometrics ASA、M2SYS Technology、Next Biometrics Group ASA、NEC Corporation、Qualcomm Technologies Inc.、Shenzhen Goodix Technology Co. Ltd.、Sonavation Inc.、Synaptics Incorporated、Vkansee Technology Inc.が挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]