酸化セリウムナノ粒子市場、2028年に22億3,040万米ドル規模到達見込み

市場の概要

酸化セリウムナノ粒子の世界市場は、2022年に7億9,540万米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は18.3%のCAGRで成長し、2028年には22億3,040万米ドル規模に達すると予想されています。

ナノセリアとしても知られる酸化セリウムナノ粒子(CeNPs)は、スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)、カタラーゼ、ペルオキシダーゼ、オキシダーゼを模倣した生体関連活性を示す無機酸化防止剤です。水熱法、ソルボサーマル法、マイクロ乳化法を用いて合成されます。CeNPsは、サイズ、形状、電荷、表面コーティング、反応性によって異なるナノスケールレベルで、高い触媒活性、大きな表面積、切り替え可能な酸化還元反応性、酸素移動性といったユニークな特性を持っています。そのため、CeNPは化学的機械的平坦化(CMP)、生物医学、エネルギー貯蔵など、世界中で幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

腐食防止、燃料酸化触媒、自動車排気ガス処理におけるCeNPの利用が大幅に増加しています。セリウム酸化物ナノ粒子は、半導体回路メーカーのウェハー研磨にも使用されています。これに加えて、CeNPsは紫外線(UV)フィルターの可能性があるため、パーソナルケア産業にも採用されています。さらに、多くの国の政府は、汚染レベルと炭素排出量を削減するために、再生可能エネルギーへの依存に焦点を当てています。これは、世界中で太陽電池におけるCeNPsの使用が増加していることと共に、市場成長の原動力となっています。このほか、CeNPsはin vitroおよびin vivoで肺がん、大腸がん、卵巣がんなどのさまざまながんを抑制する特性を持っており、これが世界的なCeNPsの需要を喚起しています。さらに、CeNPsの格子構造は酸素空孔を形成するため、生理的条件下でフリーラジカルの除去剤として作用します。このことは、急成長する製薬業界と相まって、市場にプラスの影響を与えています。さらに、製品ポートフォリオの拡大に注力する市場プレイヤーの増加は、今後数年間の市場の成長を牽引することが予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]