サイディング市場、2028年に1,238億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のサイディング市場は、2022年に972億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は3.2%のCAGRで成長し、2028年には1,238億米ドル規模に達すると予想されています。建設プロジェクトの増加、リフォームの増加、自然災害の増加などが市場を牽引する重要な要因です。

サイディングとは、ビニール、木材、ファイバーセメント、アルミニウムなどの材料で作られた建物の外壁を指します。サイディングの施工には、建物の外壁を整え、サイディングパネルを取り付け、トリムやコーキングなどの仕上げを行うなど、いくつかの工程があります。屋根や壁には、下見板張り、板張り、シェイク、縦張り、パネル張りなど、ユーザーの要望に応じてさまざまな形やスタイルがあります。建物の外壁を保護し、風、雨、雪、気象条件から建物を守り、建物の構造や内部への損傷を防ぎます。また、建物の外観を高め、視覚的な魅力とスタイルを加えます。さらに断熱性を高めることで建物のエネルギー効率を高め、冷暖房費を削減し、建物をより快適にします。

市場の動向

急速な都市化と所得水準の上昇に伴う住宅地での建設プロジェクトの増加が、世界的なサイディング需要の原動力となっています。また、住宅、ホテル、レストラン、空港、オフィス、ショッピングモール、カフェ、教育機関などのリフォームが増加し、外観やエネルギー効率を向上させるサイディングの需要が高まっています。また、ハリケーンや竜巻、山火事など、家屋に被害をもたらす自然災害の増加もサイディング需要に影響を与えています。このほか、主力企業は研究開発活動に積極的に投資し、エネルギー効率や耐久性に優れ、コストパフォーマンスの高い新しいサイディング素材や技術を導入しています。さらに、環境問題への関心の高まりから、各国の行政機関はグリーンサイディングを導入し、二酸化炭素排出量を削減する取り組みを進めています。これらの素材は、室内の空気中にガスを放出する有害な化学物質や毒素を含まず、室内の湿度を下げる効果もあります。このほか、従来のホテルより比較的小規模ながら超高級サービスを提供するブティックホテルの数も増加しています。これは、旅行・観光産業の著しい成長とホテル建設への投資の増加と相まって、市場に明るい展望をもたらしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]