希少疾病用医薬品市場、2028年に3,835億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の希少疾病用医薬品(オーファンドラッグ)市場は、2022年に1,917億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は12.02%のCAGRで成長し、2028年には3,835億米ドル規模に達すると予想されています。

希少疾病用医薬品とは、希少疾患の診断、予防、治療に用いられる医薬品を指します。これらの治療薬は、公衆衛生上の特定の要件を満たすために製造され、少数の患者グループ向けに製造されるため、通常、市場は限られています。これらの医薬品は、多くの腫瘍学的、代謝学的、血液学的、免疫学的、感染学的、神経学的疾患に対して有効です。リンパ腫、白血病、嚢胞性線維症、神経膠腫、膵臓がん、卵巣がん、多発性骨髄腫、腎細胞がんなどの医学的疾患は、多くの場合、生命を脅かし、慢性で進行性、退行性、障害性であり、特定の症状に有効な特定の治療法が必要とされています。

市場の動向

癌やその他の希少遺伝性疾患の有病率の増加は、市場の成長を牽引する重要な要因の一つです。治療薬メーカーは、患者に個別化治療を提供するため、革新的な希少疾病用医薬品を開発しています。また、オーファンドラッグの利点に関する大衆の意識の高まりも市場を牽引しています。新たな治療薬メーカーの出現や、伝染病の蔓延を抑制するための優遇政策の実施も市場成長に寄与しています。さらに、生物学的オーファンドラッグの開発など、さまざまな製品革新も市場成長を促す要因となっています。これらの治療薬は、がんなどの疾患を治療し、幹細胞に生じた損傷を回復させることができるため、全体的な需要を大幅に促進しています。その他、医療インフラの改善や広範な研究開発(R&D)活動などの要因も、市場をさらに牽引することが予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]