ナノセルロース市場、2028年に14億7,690万米ドル規模到達見込み

市場の概要

ナノセルロースの世界市場は、2022年に4億8,050万米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は19.60%のCAGRで成長し、2028年には14億7,690万米ドル規模に達すると予想されています。数多くの最終用途産業における製品需要の拡大、非生分解性包装を禁止する数カ国政府による厳しい規制、医療製品の製造に適した成分としてのナノセルロースの使用増加などが市場を牽引する重要な要因として挙げられます。

ナノセルロースはナノ構造を持つセルロース材料の一種で、ユニークな物理的・化学的特性を持ち、幅広い産業用途に適しています。この材料はセルロース繊維の精製から得られ、高い強度対重量比と顕著な熱的・機械的安定性を持つナノスケール材料です。ナノセルロースは、木材、植物、バクテリア、藻類などの天然資源から得ることができます。分離プロセスでは、高圧ホモジナイザーを使用してナノサイズのフィブリルを分離するか、酸加水分解して硬いナノ粒子を生成します。ナノセルロースは、高い引張強度、生体適合性、剛性、高粘度などの特性があります。ナノセルロースは生分解性で、再生可能な資源から生産され、従来の材料に比べて環境への影響が少ないのが特徴です。ナノセルロースは汎用性が高いため、幅広い最終用途産業のさまざまな用途に適しています。

市場の動向

製紙や包装、医療、化粧品など、数多くの最終用途産業における製品需要の高まりが、市場を牽引する重要な要因となっています。この背景には、持続可能で環境に優しい素材に対する需要の高まりと、バイオベース製品への嗜好の変化があります。これに伴い、数カ国の政府が特に食品・飲料向けに非生分解性包装を禁止する厳しい規制を課していることが、耐久性があり軽量な包装材料への需要を促進しており、これが市場を牽引しています。さらに、窓用シートや電気ディスプレイ用シートでの急速な製品利用が、市場に有利な成長機会をもたらしています。このほか、橋梁やその他の構造物の応力度を測定するために、ナノセルロース・ベースのセンサーを導入する動きが活発化していることも、市場に好影響を与えています。さらに、ナノセルロースは毒性がなく、吸着能力が高いため、創傷被覆材や生理用ナプキンのメーカーに適した成分として使用されるケースが増えていることも、市場を後押ししています。このほかにも、抄紙機の効率向上や充填剤含有率の改善など、ナノセルロースの製造における継続的な技術進歩が、市場に明るい展望をもたらしています。市場に寄与するその他の要因としては、急速な工業化、建設活動における製品使用の増加、ナノセルロースの使用による悪影響に関する意識の高まりなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]