レベルセンサー市場、2028年に59億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のレベルセンサー市場は、2022年に43億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は5.45%のCAGRで成長し、2028年には59億米ドル規模に達すると予想されています。

レベルセンサーは、開放系または閉鎖系における流体または他の自由流動物質のレベルを測定するために使用されるデバイスを指します。一般的に使用されるレベルセンサーには、連続レベルセンサーとポイントレベルセンサーの2つがあります。連続レベルセンサーは、特定の限界までのレベルを測定します。一方、ポイントレベルセンサーは、特定のポイントより上または下の流体のレベルを決定します。これらのセンサーは、磁歪、振動プローブ、超音波、マイクロ波などの接触または非接触技術を確立することによってレベルを監視します。容器内部で所望のレベルが検出されると、センサーは感知したデータを電気信号に変換します。レベルセンサーは、石油・ガス、エネルギー・電力、食品・飲料、金属・鉱業、化学、医薬品など、さまざまな産業で幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

産業全体の急速なデジタル化と自動化は、市場を牽引する重要な要因となっています。レベルセンサーは、水位、タンクレベル、距離測距、物体検出、原子力発電所の油圧パワーパックや冷却回路のワイヤレスレベル監視の測定に広く使用されています。加えて、レベルセンサーとレーザーや超音波技術の統合、モノの産業インターネット(IIoT)など、さまざまな技術の進歩も市場成長要因として作用しています。これらの革新的技術により、リザーバー内の液面を正確かつワイヤレスで遠隔監視することが可能となっています。メーカーはまた、正確な液面測定と化学試薬に対する耐腐食性を提供する光学式液体センサーを開発しています。その他、ナノデジタルセンサーの導入やインダストリー4.0の登場、広範な研究開発(R&D)活動などが市場をさらに牽引すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]