バイオシミラー市場、2028年に771億米ドル規模到達見込み

市場の概要

バイオシミラーの世界市場規模は2022年に168億米ドルに達しました。この市場は現在、ブロックバスター生物学的治療薬の特許切れ、低価格化、慢性疾患の有病率の上昇、政府や第三者支払者によるコスト削減イニシアチブなど、多くの要因によって原動力となっています。このような要因から、バイオシミラー市場は2023年から2028年にかけて25.9%の成長率(CAGR)を示し、2028年に771億米ドル規模に達すると予想されています。

バイオシミラーとは、生物学的製剤の後続品としても知られ、参照生物学的製剤と類似性の高い生物学的治療製品を指します。生物または細胞を用いて製造され、複雑な分子構造を有しています。生物学的製剤の特許が切れると、メーカーは規制当局の承認を得て、バイオシミラーの生産を開始します。生物学的製剤がバイオシミラーと呼ばれるためには、品質、安全性、有効性の面で類似していることが証明されなければなりません。ジェネリック医薬品と比較すると、バイオシミラー医薬品は製造工程が複雑で、研究開発への投資も必要となるため、高価格となります。

市場の成長要因及び制約要因

長年にわたり、いくつかのブロックバスター生物学的製剤の特許が切れ、今後数年間でさらに多くのブロックバスター製剤の特許保護が失われると予想されています。このことは、近い将来、バイオシミラーメーカーに多大なビジネスチャンスをもたらすと予想されます。

政府や第三者支払機関が実施するコスト削減の取り組みは、ブランド生物製剤よりもバイオシミラーの使用を奨励し、それによってバイオシミラーの需要を促進しています。

バイオシミラーの需要を後押しするその他の要因としては、費用対効果、慢性疾患(自己免疫疾患や癌など)の有病率の上昇、老年人口の増加などがあります。

バイオシミラー市場の成長を阻害する要因もいくつかあります。これには、医師からの否定的な認識、特許延長、低分子ジェネリック医薬品と比較した価格差などがあります。

主要な市場区分

世界のバイオシミラー市場は、分子、適応症、製造タイプ、地域に基づいて細分化されています。

分子別の市場区分

・インフリキシマブ

・インスリングラルギン

・エポエチンアルファ

・エタネルセプト

・フィルグラスチム

・ソーマトロピン

・リツキシマブ

・フォリトロピンアルファ

適応症別の市場区分

・自己免疫疾患

・血液疾患

・糖尿病

・オンコロジー

・成長不全

・女性不妊症

製造タイプ別の市場区分

・自社製造

・受託製造

製造タイプによって、市場は自社製造と受託製造に細分化されています。このうち、自社製造が市場シェアの大半を占めています。

地域別の市場区分

・欧州

・米国

・日本

・インド

・韓国

・その他

市場の競合状況

世界のバイオシミラー市場で事業を展開する主力企業は、以下の通りです。

・Sandoz International GmbH

・Pfizer Inc.

・Teva Pharmaceutical Industries Limited

・Celltrion Inc.

・Biocon Limited

・Samsung Biologics

・Amgen, Inc.

・Dr. Reddy’s Laboratories Limited

・Stada Arzneimittel Ag

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]