有線サービス市場、2028年に168億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の有線サービス市場は、2022年に116億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は6.12%のCAGRで成長し、2028年には168億米ドル規模に達すると予想されています。

有線サービスは、貯留層の評価、坑井への介入、パイプの回収を目的として、坑井に測定装置や機器を下ろすために使用されます。有線サービスは、貯留層の理解を最大化し、重要な意思決定を導くために、貴重で実用的なリアルタイム・データを得るためのケーブル技術を採用しています。これらのサービスは、坑内の問題を特定し、バイパスされた生産を検出し、埋蔵量の最大回収を確実にするための正確な評価を提供するのに役立ちます。さらに、メンテナンスの必要性やリグの非稼動停止時間をなくすことで、全体的なコストの削減にも貢献します。近年、有線サービスは、そのコストパフォーマンス、高速データ、高度な通信技術により、探鉱、掘削、刺激、完成、介入を含む様々な活動において、石油・ガス産業の牽引役となっています。

市場の動向

有線サービスは、岩石特性の評価、サンプルの回収、孔径に関する情報収集、生産流体形成のための圧力収集など、いくつかの利点を提供します。そのため、石油・ガス分野の拡大と探査・生産・完成活動の活発化が市場を牽引する原動力となっています。さらに、オフショア油・ガス層の生産寿命は陸上油・ガス層よりも長いため、オフショア探査・生産(E&P)活動へのシフトが顕著になっています。これは、政府による優遇政策の実施と相まって、市場の成長を後押ししています。これに加えて、坑井検層目的の電気有線サービスの人気が高まっていることも、製品需要を喚起しています。さらに、油田・ガス田の発見に伴い、主力企業は、全体的な生産性、坑井のライフサイクル、貯留層性能を高めるため、海洋資産に多額の投資を行っており、これが有線サービスを導入する動きを加速させています。その他、深海や浅海での掘削活動の増加、エネルギー需要の高まり、製品の革新、技術の進歩などの要因も市場に明るい展望をもたらしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]