広告市場、2028年に8,349億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の広告市場は、2022年に6,152億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は5.35%のCAGRで成長し、2028年には8,349億米ドル規模に達すると予想されています。

広告とは、さまざまなブランドが自社の製品やサービスを知らせるとともに、消費者の購買行動に影響を与えるコミュニケーションの手段を指します。それはさらに、今後のイベントについての学習や新製品やサービスを発見する上で消費者を支援します。時間とともに、広告主は、個人または不特定多数の視聴者に、事実上どこからでも、いつでもアクセスできる媒体として、モバイル機器の可能性を認識するようになりました。そのため、広告業界は従来のメディアプラットフォームからオンライン広告やデジタル広告へと発展してきました。

市場の動向

世界中でメディアとエンターテイメントへの支出が継続的に増加しています。インターネットアクセスの取得、新聞や雑誌の購読、テレビやラジオの視聴、ビデオゲームの利用、映画の鑑賞のための支出が増加しており、消費者の可処分所得が増加していることを示しています。一方、広告ブランドや広告会社は、消費者の注目を集めるために企業の存続にとって不可欠であることから、広告への投資を継続的に増やしてきました。これとは別に、モバイル広告は、モバイルユーザーの特定のグループのためのコミュニケーション手段として費用対効果の高い、便利で、非常にターゲットを絞った方法として注目されており、過去数年間で飛躍的な成長を続けています。また、大手広告代理店がデジタル広告に積極的に投資するようになり、市場に明るい展望をもたらしています。

主要な市場区分

世界の広告市場は、タイプおよび地域に基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

・テレビ

・印刷物(新聞・雑誌)

・ラジオ

・屋外広告

・インターネット(検索、ディスプレイ、クラシファイド、ビデオ)

・モバイル

・映画

現在、テレビ広告は市場全体の大半を占め、圧倒的なシェアを誇っています。これは、テレビの普及により、テレビが広告の手段として好まれるようになったことが要因として挙げられます。

地域別の市場区分

・北米

・アジア太平洋地域

・欧州

・中南米

・中東・アフリカ

地域別では、現在、北米が最大のシェアを占めています。

市場の競合状況

世界の広告市場で事業を展開する主要企業は、以下の通りです。

・WPP Group PLC

・Omnicom Group Inc.

・Publicis Groupe

・Interpublic Group of Companies, Inc.

・Dentsu Inc.

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]