ピラティス&ヨガスタジオ市場、2028年に2,767億7,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のピラティス&ヨガスタジオ市場は、2022年に1,508億6,000万米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は10.10%のCAGRで成長し、2028年には2,767億7,000万米ドル規模に達すると予想されています。大衆の健康とフィットネスに関する意識の高まり、主力企業が導入する革新的なプロモーションとマーケティング戦略、可処分所得水準の上昇などが、市場を牽引する重要な要因となっています。

ピラティス&ヨガスタジオは、ピラティスやヨガを練習するために人々が訪れる場所であり、消費者がストレスを解消し、全体的な幸福感を向上させるのに役立ちます。ピラティス&ヨガスタジオは、クラスが行われる空間、構造、または場所であり、1つの部屋であったり、プロップや加温加湿室を備えた複数の学習ホールを持つ建物であったりします。ピラティスもヨガも異なるスタイルのエクササイズで、ピラティスは体幹の強化に重点を置き、ヨガは身体全体の健康を促進します。そのため、特定のポーズや動きをすることに重点を置くスタジオもあれば、より自由な発想で、それぞれの運動が持つさまざまな効果を追求することに重点を置くスタジオもあります。ピラティスやヨガのスタジオでは、パーソナルトレーニングやグループトレーニング、さらにはインストラクターによるバーチャルレッスンなどを提供し、利用者のフィットネス目標達成のためのモチベーションを高め、指導しています。また、これらのスタジオでは、ヨガやピラティスの活動に使用されるウェア、マット、各種アクセサリーなど、さまざまな種類の商品も販売しています。

市場の動向

ピラティス&ヨガスタジオの世界市場は主に、大衆、特に若年層における健康やフィットネスに関する意識の高まりによって牽引されています。この背景には、座りがちなライフスタイルや、糖尿病や肥満などの健康障害が増加していることが挙げられます。さらに、オンライン・オフライン広告や有名人の推薦など、主力企業が導入する革新的なプロモーションやマーケティング戦略が、ピラティスやヨガスタジオの会員数の増加をもたらしています。また、企業が従業員の集いの場としてヨガや瞑想のセッションを提供するという新たな動きも、市場に好影響を与えています。また、健康的なライフスタイルや運動・ヨガの実践を推進する数カ国の政府の取り組みも、ピラティス&ヨガスタジオの人気上昇につながっています。しかし、初期設定費用が高いこと、レクリエーションセンター、ジム、ウェルネスセンターなど、さまざまな代替施設が簡単に利用できること、熟練したトレーナーが少ないことが、市場の成長抑制要因として作用しています。一方、革新的なアクティビティや著名人専用のエクササイズプランを導入することで、市場に明るい展望をもたらしています。その他、可処分所得の増加による消費者のライフスタイルの向上、急速な都市化、ソーシャルメディアの利用拡大、フィットネス・コミュニティの拡大、幅広い研究開発活動などが、市場成長の推進要因として挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]