医療用冷却システム市場、2028年に9億3,200万米ドル規模到達見込み

市場の概要

医療用冷却システムの世界市場は、2022年に7億1,000万米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は4.4%のCAGRで成長し、2028年には9億3,200万米ドル規模に達すると予想されています。医療用画像処理システムにおける製品利用の増加、慢性疾患の発生率の増加、医療用ストレージにおける製品の広範な導入が、市場を牽引する重要な要因となっています。

医療用冷却システムは、医療機器から発生する熱負荷を軽減し、最適な温度を維持するために設計された設備を指します。コンプレッサー、熱交換器、コンデンサー、ラジエーター、冷却水、フィルター、ドライバーボードなど、複数の部品から構成される空気および水ベースの冷却システムが含まれます。医療用冷却システムは、画像処理アプリケーション、分析・実験機器、除湿、レーザー機器、換気・呼吸ケア、リニアック、低温貯蔵などに広く使用されています。これらのシステムは、熱サイクルを高速化し、医療機器の寿命を延ばし、性能のばらつきを防ぎ、部品の早期故障のリスクを最小限に抑えます。医療用冷却システムは、患者の安全確保、医療用サンプルや消耗品の保存、医療機器の正常な機能のサポートに役立ちます。そのため、病院、診療所、診断センターなどで広く使用されています。

市場の動向

医療用画像処理システムでの製品利用の高まりは、市場を牽引する主な要因の一つです。医療用冷却システムは、コンピュータ断層撮影装置(CT)、磁気共鳴画像装置(MRI)、陽電子放射断層撮影装置(PET)スキャン、血管造影装置、X線装置などのイメージング装置に広く使用されており、最適な状態を維持し熱ストレスを軽減し、装置の精度、信頼性および性能を強化します。これに加えて、がん、神経疾患、結核、慢性呼吸器疾患、消化器疾患、心血管疾患(CVD)などの慢性疾患の増加による画像診断機器への需要の高まりが、もう一つの推進要因として作用しています。さらに、血液、インスリン、医療用品、治療薬、ワクチン、生物学的サンプル、その他温度に敏感な製品の品質を保持・維持するための医療用保管・倉庫用途で広く製品が導入されていることが、市場成長に拍車をかけています。さらに、高い成績係数(COP)を実現し、低電力運転を保証し、医療用画像処理装置の稼働時間を最大化する自己完結型液体冷却システム(LCS)の導入は、市場成長にプラスの影響を与えています。このほか、表皮を保護し、痛みや不快感を最小限に抑え、レーザーの性能を最大限に引き出すために、毛髪やタトゥーの除去、血管病変の処置、身体の彫刻など、さまざまなレーザー治療で製品導入が増加していることが、市場の成長に好影響を与えています。さらに、傷害治療や術後の回復において、治癒プロセスを促進し、腫れを軽減し、浮腫をコントロールするための製品需要の増加が、市場成長を促進しています。その他、高齢者人口の増加、高度な冷却システムの研究開発(R&D)への投資の増加、医療業界の著しい成長などが、市場の成長を牽引すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]