子供用自転車市場、2028年に51億2,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の子供用自転車市場は、2022年に42億5,000万米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は3.0%のCAGRで成長し、2028年には51億2,000万米ドル規模に達すると予想されています。消費者の支出能力の向上、体力向上に対する意識の高まり、さまざまな製品の技術革新などが市場を牽引する重要な要因となっています。

子供用自転車は、車輪、ペダル、ブレーキ、シート、キャリア、ドライブチェーン、ハンドルバーを備えた乗り物で、底部に固定されたペダルで押し、ハンドルバーの補助で方向転換を行います。また、子供用自転車の中には、子供が乗りやすく、コントロールしやすいように、トレーニングホイールやギアの数を少なくするなどの添加剤が付いているものもあります。自転車に乗ることは、楽しく健康的な活動を提供し、体力や心肺機能を向上させ、協調性やバランス感覚を養い、自信や自立心を高め、野外活動や探検を奨励することに役立ちます。大人用の自転車と比較すると、子供用自転車はフレームサイズが小さく、シート高が低く、フロントチェーンリングが1つであり、バランスが良いのが特徴です。

市場の動向

世界中でフィットネスに対する意識が高まっていることが、市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。サイクリングは、体力、筋力、バランス、協調性を向上させ、前向きな精神性を高めるのに役立ちます。これに伴い、子供たちのアクティブなライフスタイルを促進しようとする親たちの意識が高まっていることも、市場成長を促す要因となっています。さらに、スポーツとしてのサイクリングの人気が高まり、サイクリングクラブやトレーニングセンター、サイクリングを日常生活に取り入れる学校の数が増えていることも、市場の成長を後押ししています。これらの施設では、幼少期からサイクリングを体力づくりの一環として取り入れることを目的としており、それが子供用自転車の需要を促進しています。このほか、有名なスーパーヒーローやスポーツ選手、コミックキャラクター、子供の有名人などをモチーフにした、鮮やかな色彩とモダンなデザインの子供用自転車が登場したことも、市場成長に拍車をかけています。さらに、ミュージカルホーン、ライト付きホイール、ハンドル前またはシートの後ろにバスケットを追加した子供用自転車が上市され、市場の成長を後押ししています。さらに、子供たちの身体活動や社会的交流を促進する屋外活動への志向が高まっていることも、市場成長にプラスの影響を与えています。このほか、メーカーが2人乗り自転車の開発に力を入れており、同世代の兄弟姉妹が好むペダルが付いていることが、市場に明るい展望をもたらしています。その他、健康志向の高まり、マラソンやレース、スポーツフェスティバルなどのイベントの増加、消費者の支出能力の向上、子供たちのサイクリングを促進するための様々な政府施策の実施などが、市場に明るい展望をもたらしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]