加水分解コラーゲン市場、2028年に16億4,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の加水分解コラーゲン市場は、2022年に10億9,000万米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は6.93%のCAGRで成長し、2028年には16億4,000万米ドル規模に達すると予想されています。

クリーンラベルの飲料や食品サプリメントを好む消費者の傾向の変化、健康志向の高まり、アンチエイジング効果による化粧品への幅広い製品利用などが、市場を牽引する重要な要因となっています。

加水分解コラーゲン(HC)とは、低分子化された数種類のペプチドを指し、通常、酸またはアルカリ媒体中で特定の培養温度で酵素反応させることで生成されます。さらに、溶解しやすく、消化しやすい小さなペプチドとアミノ酸に分解することができます。HCは通常、様々な海産物や家禽類、牛や豚などの畜産動物の皮膚、鱗、骨、結合組織、肉に含まれています。HCは、ビタミン、ビオチン、亜鉛、およびヒドロキシプロリン、グリシン、プロリンなどの必須アミノ酸を豊富に含んでいます。これらの栄養素は、腱や関節を正常に機能させ、皮膚や筋肉、結合組織の損傷を修復し、骨量を増加させ、健康な心臓を促進させます。そのため、コラーゲンは広く直接消費されており、液体や粉末の状態で多様な飲料、サプリメント、医薬品、化粧品に配合されています。

市場の動向

栄養目標を達成するために、クリーンラベルの飲料や食品サプリメントを摂取しようとする消費者の傾向の変化は、現在市場を牽引している主な要因です。また、個人の健康意識の高まりも市場の成長要因となっています。さらに、菓子やバーの噛み応え、泡立ち、柔らかさ、食感を改善するために、食品・飲料(F&B)分野で広く製品が導入されていることも、市場成長を促進する要因となっています。また、加水分解コラーゲンは、保湿性、アンチエイジング性、抗メラノジェニック性などの特性を有しており、化粧品やパーソナルケア製品に配合されることが多くなっており、市場の成長を後押ししています。さらに、コラーゲンを配合した美容製品は、がんや火傷、外傷、術後の治療にも使用されており、市場の成長を加速しています。さらに、加水分解コラーゲンは、その複数の健康上の利点により、医薬品を構成するために製薬業界で広く使用されており、市場の成長を推進しています。さらに、電子商取引、ハイパーマーケット、小売店など、複数のオンラインおよびオフラインのショッピングプラットフォームで製品を利用できるようになったことが、市場の成長を促しています。また、有名人による大規模な推奨や、効果的なパッケージング・ソリューションで製品のバリエーションを作るための研究者や主力企業による大規模なM&A(合併・買収)などの要因も、市場に明るい展望をもたらしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]