魚類養殖市場、2028年に4,017億5,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の魚類養殖市場は、2022年に2,922億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は5.12%のCAGRで成長し、2028年には4,017億5,000万米ドル規模に達すると予想されています。

世界的な魚介類の消費量の増加、魚介類ベースの製品の需要の増加、人工知能(AI)ベースのソリューションの統合は、市場を牽引する重要な要因となっています。

魚の養殖は、国内および商業目的で、制御された環境下で魚を繁殖・飼育するプロセスを指します。養殖には、ケージシステム、古典的な稚魚の養殖、総合的な魚の養殖、池のシステムなど、いくつかの養殖方法があります。魚の養殖は、マス、ティラピア、ナマズ、コイ、パドルフィッシュ、サケ、タラ、シーバス、マグロ、チョウザメなど、人間が消費するさまざまな魚の生産に広く利用されています。便利でコストパフォーマンスが高く、収益性も高く、リスクも少ないため、食糧増産に貢献します。また、魚の養殖は優れた品質の魚を提供し、希望する特性を持つ魚を自由に繁殖させ、水管理を改善し、自然の生態系を回復させるのに役立っています。

市場の動向

オメガ3脂肪酸、リボフラビン、タンパク質、ビタミンD、カルシウム、亜鉛、鉄、ヨウ素、マグネシウム、カリウムなど、多くの健康効果や高い栄養成分により、世界中で魚介類の消費が増加していることは、市場の成長を牽引する主な要因の一つとなっています。これに伴い、魚の養殖は、より良い収量と高い品質を持つさまざまな種類の食用魚を繁殖・飼育する持続可能で環境に優しい方法であり、安定供給を実現し、商業漁業による廃棄物の発生を最小限に抑え、海やその他の水域への負担を軽減します。さらに、化粧品、パーソナルケア製品、バイオ燃料、整形外科、歯科、肥料などに広く使用されるオイル、コラーゲン、ゼラチン、インシュリン、アルブミン、キチン、キトサン、スクワレンなど、さまざまな魚由来の製品に対する需要の高まりが、市場成長に拍車をかけています。さらに、溶存酸素の増加、有機汚染物質の除去、魚の成長速度の向上により、水の殺菌、効率化、生産性向上を実現するコストパフォーマンスの高いソリューションを提供するマイクロバブル曝気技術の統合は、市場成長にプラスの影響を与えています。さらに、魚の養殖における人工知能(AI)ベースのソリューションの統合による自動給餌システムの実現、遠隔監視の提供、成長統計、予測対策、温度最適化、水質調整機能の提供が、市場の成長を後押ししています。その他、魚の養殖の利点に関する消費者の意識の高まり、食糧需要の増加に対応するための魚の養殖を推進する多数国の政府による取り組みの増加、モノのインターネット(IoT)や機械学習(ML)などの先進技術の取り込みなどが、市場の成長を牽引することが予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]