移植市場、2028年に266億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の移植市場は、2022年に144億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は9.6%のCAGRで成長し、2028年には266億米ドル規模に達すると予想されています。臓器不全の増加、生活習慣病の急増、医療技術の進歩に対する人々の意識の高まりは、市場を牽引する重要な要因となっています。

移植は、組織、ヒト細胞または臓器をドナーの体内からレシピエントに移植する医療処置です。病気や怪我によって臓器や組織が損傷した場合に必要とされています。一般的には、手術の前後に行われる診断的な処置が含まれます。血管、骨、軟骨、角膜、心臓弁、皮膚、腱などの組織の回復に役立ちます。また、心臓、腸、腎臓、肝臓、肺、膵臓などの臓器の回復にも役立ちます。現在、幹細胞や骨髄移植を含む治療法に関する個人の意識の高まりが、世界の移植需要を喚起しています。

市場の動向

現在、がんや糖尿病、白血病、リンパ腫、鎌状赤血球貧血、骨粗鬆症、アルツハイマー病、慢性閉塞性肺疾患(COPD)など、さまざまな慢性疾患の有病率が急増しています。このことは、深刻な病状を発症しやすい高齢者人口の増加と相まって、世界中で移植の需要を促進する主要な要因となっています。さらに、失血、重度の外傷、治療薬乱用、敗血症、その他の急性疾患による臓器不全の数が増加しています。さらに、不健康な食生活、喫煙、飲酒、座りっぱなしの生活習慣による生活習慣病の増加も、移植の需要に影響を及ぼしています。さらに、重傷につながる交通事故死者数の増加が、世界中で移植の需要を喚起しています。このほか、医療技術の進歩に関する社会的認知度の向上や臓器提供者の不足が、市場の成長に寄与しています。さらに、免疫学的なハードルを克服するために、3次元(3D)バイオプリンティング、脱細胞化および再細胞化、種間器官形成などの高度な技術が導入されていることが、市場の成長に好影響を与えています。さらに、無菌手術の導入やドナーからの組織の処理・保存により、組織の細菌や真菌感染のリスクを最小限に抑えるための組織バンクの数が増加しています。このほか、診断技術や医療インフラの大幅な改善により、市場に明るい展望がもたらされると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]