メタルプリントパッケージ市場、2028年に1,443億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のメタルプリントパッケージ市場は、2022年に1,154億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は3.6%のCAGRで成長し、2028年には1,443億米ドル規模に達すると予想されています。インスタント食品(RTE)の需要増加、パーソナルケアおよび化粧品の売上増加、デジタル印刷技術の登場は、市場を牽引する重要な要因となっています。

メタルプリントパッケージは、アルミニウム、錫、鉄鋼などの金属材料を使って、さまざまな製品の包装容器を製造するものです。使いやすく、壊れにくく、極端な圧力や温度にも耐えることができます。丈夫で耐久性があり、腐食に強く、細菌やウイルスなどの病原体に対するバリア機能を提供します。高級感があり、改ざんや盗難などの被害から保護します。また、ブランドの認知度を向上させ、顧客を惹きつける効果もあります。現在、世界中で事業を展開する主力企業は、さまざまな業界の特定の製品ニーズや要件を満たすためにカスタマイズされたソリューションを提供し、競争力を高めています。

市場の動向

メタルプリントパッケージは、食品や飲料の包装、保存、保護のために、食品・飲料(F&B)産業で採用されています。これは、多忙なライフスタイルや個人の購買力向上によるインスタント食品(RTE)に対する需要の高まりと相まって、世界的に市場成長を促進する重要な要因となっています。さらに、ビール、エナジードリンク、フルーツジュース、ソーダなどの飲料の消費量が増加していることも、市場の成長を後押ししています。また、医薬品業界では、医薬品の効能や効果を保護・保存するために、医薬品や医療品、その他の消耗品の包装にメタルプリントパッケージを使用するケースが増えており、市場にプラスの影響を及ぼしています。このほか、光や空気、湿気から保護するために、さまざまなパーソナルケア製品や化粧品包装にメタルプリントパッケージを利用するケースも増えてきています。これは、外見に対する人々の関心の高まりによるパーソナルケアおよび化粧品製品の売上増加と相まって、市場に明るい展望をもたらしています。さらに、医療業界では、手術器具、診断機器、植込み型機器などの医療機器を保護し輸送するために、メタルプリントパッケージを導入するケースが増えており、市場の成長を促進しています。このほか、デジタル印刷技術の登場により、高品質で詳細なグラフィックをメタルプリントパッケージに印刷し、外観と耐久性を高めることができるようになったことも、市場の成長に好影響を与えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]