バイオ医薬品市場、2028年に4,800億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のバイオ医薬品市場は、2022年に2,736億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は10.1%のCAGRで成長し、2028年には4,800億米ドル規模に達すると予想されています。

バイオ医薬品は、ヒト、動物、微生物などの生物学的資源から抽出された、または組換えデオキシリボ核酸(DNA)技術を用いて合成された複合治療薬です。糖質、タンパク質、核酸、生きた細胞、組織、さまざまな成分の複合体から構成されています。ワクチン、血液成分、体細胞・組織、アレルゲン、細胞療法・遺伝子療法・組換え治療用タンパク質に使用される生細胞のメーカーを支援するものです。また、がん、糖尿病、心血管疾患、免疫疾患、その他の健康問題の治療にも役立ち、標的治療と副作用の軽減を実現します。

市場の動向

免疫血清、ホルモン、サイトカイン、酵素、モノクローナル抗体など、バイオ医薬品の利用が拡大していることは、現在、市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。さらに、関節リウマチ、多発性硬化症、心血管疾患の治療用として、世界中でモノクローナル抗体の需要が高まっています。また、タバコやアルコールの過剰摂取、栄養不足、運動不足による慢性疾患の有病率の上昇も、市場の成長を後押ししています。さらに、他の治療薬や医療機器がないさまざまな疾患の治療に細胞や遺伝子ベースのバイオ医薬品の使用が増加しており、市場の投資家に有利な成長機会を提供しています。このほか、主力企業は、治療不可能な疾患を治療するための革新的な薬を導入するために、研究開発活動に幅広く投資しています。これは、バイオ医薬品の利点に関する大衆の意識の高まりと相まって、市場にプラスの影響を及ぼしています。このほか、高齢者人口の増加や医療業界の急成長も、バイオ医薬品の需要を喚起しています。さらに、がん細胞の増殖と生存に関与する特定の遺伝子やタンパク質を標的とする標的療法の需要が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]