AI対応X線画像ソリューション市場、2028年に5億204万米ドル規模到達見込み

市場の概要

AI対応X線画像ソリューションの世界市場は、2022年に1億7,431万米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は18.79%のCAGRで成長し、2028年には5億204万米ドル規模に達すると予想されています。医療業界の着実な拡大、大幅な技術の進歩、広範な研究開発(R&D)活動は、市場を牽引する重要な要因となっています。人工知能(AI)対応のX線画像ソリューションは、放射線科医が多様な臓器やその状態の複雑な画像を評価・検査し、スピードと精度を向上させることができる医療診断の一分野です。コンピュータ化されたアルゴリズムを使用してデータを分析し、予測分析やリスク評価を行う様々なソフトウェアおよびハードウェアソリューションを採用しています。さらに、AI対応のX線画像ソリューションでは、集中的な画像取得、トリアージ、治療の意思決定支援、画像分析、レポートとコミュニケーション、診断を標準サービスとして提供しています。これらの設備は、人間の専門性の要件を減らし、情報駆動型のアプローチを可能にし、画質を高め、放射線被ばくを低減し、開業医がより良い臨床判断を下せるようにします。そのため、AI対応X線画像ソリューションは、患者の異常を広範囲に解明し、より良い治療ソリューションを提供するために、一般および専門放射線科で広く使用されています。

市場の動向

医療業界において人工知能(AI)やその他の計算アルゴリズムが広く統合されていることは、市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。これに伴って、個人の様々な慢性疾患や心血管疾患(CVD)を検出するための高度な画像診断ソリューションへのニーズが高まっていることも、市場成長を促す要因として作用しています。 さらに、コンピュータ断層撮影(CT)、磁気共鳴(MR)、マンモグラフィ、マルチモダリティイメージングシステム、超音波など、複数の画像モダリティが広く利用されていることが、世界各地の製品需要をさらに促進し、市場成長に寄与しています。また、モバイルX線アプリケーションの登場や、ソフトウェア機能や設備の改善という点で著しい技術的進歩が、市場の成長を支えています。これはさらに、ディープラーニング、機械学習(ML)、ロボティクスの大規模な統合により、精度の最適化や高品位な自動化による生産性の向上に寄与していることに起因していると考えられます。 さらに、COVID-19のパンデミック時に、診断のためにAI対応X線の利用が拡大し、テレヘルスを通じて画像にリモートアクセスできるようになったことが、市場成長に好影響を与えています。

このほか、信頼性、安定性、即座に再現可能な疾患情報など、複数の製品の利点に関する認識の高まり、ハイグレードな自動化を可能にする最近の研究開発(R&D)活動、医療業界の著しい拡大が、市場成長に好影響を与えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]