無線LANセキュリティ市場、2028年に277億米ドル規模到達見込み

市場の概要

無線LANセキュリティの世界市場は、2022年に95億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は19.3%のCAGRで成長し、2028年には277億米ドル規模に達すると予想されています。ワイヤレスネットワークへの依存度の高まり、ネットワークセキュリティの重要性に対する意識の高まり、先端技術の統合などが市場を牽引する重要な要因となっています。

ワイヤレス・ローカル・エリア・ネットワーク(WLAN)セキュリティは、不正アクセス、サービス拒否攻撃、IPおよびMACスプーフィング、セッションハイジャックなどのセキュリティ侵害からネットワークを保護するために設計されたシステムです。物理的なケーブルを必要とせずにデバイスをネットワークに接続できるようにし、ネットワーク内のアプライアンスの移動を支援します。暗号化プロトコルや強力なパスワードなど、さまざまな手段を用いて個人情報やデバイスを保護することができます。現在、第5世代(5G)技術や長期進化(LTE)接続の上市が、WLANセキュリティの需要を促進しています。さらに、以前のバージョンのWi-Fiと比較して、パフォーマンスとセキュリティ機能を向上させるのに役立つWi-Fi6技術の登場は、世界中でWLANセキュリティの需要を喚起しています。

市場の動向

無線LANへの依存度が高まるにつれ、サイバー攻撃や匿名のセキュリティ脅威が増加していることが、世界中でWLANセキュリティの需要を促進している大きな要因の一つとなっています。さらに、高速インターネット接続の普及が進み、スマートフォンやその他の接続機器への依存度が高まっていることも、市場にプラスの影響を与えています。さらに、ネットワークセキュリティの重要性に対する認識が高まっていることも、市場の成長に好影響を与えています。このほか、従業員のデータを保護するために中小企業でWLANセキュリティの利用が増加していることが、市場の成長に寄与しています。さらに、ネットワークトラフィックを分析し、潜在的な脅威をリアルタイムで検出するために、WLANセキュリティにおける人工知能(AI)、機械学習(ML)、クラウドベースのセキュリティソリューション、ブロックチェーン技術、二要素認証の統合が進んでいます。これと、ネットワーク管理とセキュリティの一元化を可能にし、ネットワーク上で送信されるすべてのデータを暗号化するソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)や仮想プライベートネットワーク(VPN)の導入が相まって、市場の成長を強化しています。このほか、さまざまなモノのインターネット(IoT)デバイスで通信を保護するためにWLANセキュリティが使用されるようになっていることが、市場に明るい展望をもたらしています。さらに、多くの国の政府がユーザーデータの安全性とプライバシーを促進するための取り組みを行っており、これが市場に明るい展望をもたらすことが予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]