フィールドフォースオートメーション市場、2028年に60億4,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のフィールドフォースオートメーション市場は、2022年に21億6,000万米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は18.2%のCAGRで成長し、2028年には60億4,000万米ドル規模に達すると予想されています。情報技術(IT)分野の堅調な拡大、組織の業務効率化、クラウドベースのソリューションの普及が市場を牽引する重要な要因となっています。

フィールドフォースオートメーション(FFA)は、通信技術を利用して、販売とサービスに関する双方向の情報フローをリアルタイムで確立するように設計された高度なソフトウェアです。技術者や本社スタッフが携帯型ワイヤレスデバイスを使用してデータを取得し、バックエンドの会計システムに即座に転送することで、手作業によるデータ入力にかかる時間をなくし、入力に伴うエラーを根絶することができます。FFAは、データ駆動型の効率性を提供し、業務を合理化し、より良い可視性を得ることで現場幹部のパフォーマンスを追跡し、より良い顧客体験を提供し、多様な業務を自動化することができます。これにより、企業は十分な情報に基づいた意思決定を行い、運用とコンプライアンスを改善し、新規雇用を容易にし、それぞれの現場での生産性を高めることができます。そのため、FFAは企業資源計画(ERP)、コミュニケーションの課題解決、効率的な労働力とロジスティクス管理など、エンドユーザーによって広く利用されています。

市場の動向

多様な業務を合理化し、フィールドフォースの効率を最大化するための堅牢で自動化されたソリューションへのニーズの高まりにより、さまざまな業種でFFAが広く導入されていることが、市場を牽引する主な要因の一つとなっています。さらに、自動スケジュール、勤怠管理、労働力の監視、地理的に分散した顧客への対応など、FFAが幅広く利用されていることも、市場成長を促進する要因となっています。これに伴い、情報技術(IT)分野の大幅な改善や、インターネットに接続された複数の機器にクラウドソリューションが浸透しつつあることも、市場の成長を後押ししています。また、企業内でのBYOD(Bring Your Own Device)の動向も市場の成長を牽引しています。さらに、高度な分析とモバイルベースの営業支援ソフトウェアの登場、人工知能(AI)ソリューションの大規模な統合が、市場の成長を後押ししています。これらの技術は、正確なレポートに基づく洞察の生成、データ分析による過去の売上の予測、顧客関係管理(CRM)の確保、全体的なワークフローの増加を支援します。さらに、在庫追跡の強化、流通の円滑化、販売戦略の改善、効果的な販売注文管理など、さまざまな利点があるため、動きの速い消費財(FMCG)分野で製品の採用が拡大していることが、市場の成長を後押ししています。このほか、急速なデジタル化、電子機器の利用促進、より優れた特性を備えた製品を開発するための主力企業間の戦略的提携などが、市場成長に好影響を与えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]