アルファエミッター市場、2028年に59億2,960万米ドル規模到達見込み

市場の概要

アルファエミッターの世界市場は、2022年に11億5,040万米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は28.37%のCAGRで成長し、2028年には59億2,960万米ドル規模に達すると予想されています。

アルファエミッターは、放射性物質から放出され、アルファ粒子を放出した後に崩壊する物質を指します。アルファ線は、急性および長期の副作用を引き起こすことなく、適切な生体内分布とそれに伴う線量分布を達成し、効果的な治療を実現します。アルファ粒子は、非常に高い殺細胞率を持つため、医療行為に使用する場合、ベータ粒子よりも腫瘍細胞に対する強い破壊力があります。そのため、隣接する正常な組織へのダメージは少なくなります。ラジウム、鉛、ビスマスなどは、治療プロセスで使用される放射性核種の一部となっています。アルファ粒子は飛程が短く、線エネルギー付与が大きいため、医学研究、特にがんの治療法として注目されています。卵巣がん、膵臓がん、リンパ腫、メラノーマなど、アルファエミッターで治療可能ながんの種類は数多くあります。

市場の動向

アルファエミッターの世界市場を牽引しているのは、がん治療における広範かつハイエンドな研究開発活動です。これは、標的αエミッターの殺細胞能力に関する認識が高まっていることに起因しています。これに伴い、人々の間で様々な種類の癌の有病率が上昇していることも、市場に弾みをつけています。また、多くの心臓疾患やがん疾患に罹患しやすい高齢者人口が増加していることも、市場に明るい展望をもたらしています。さらに、医療施設における標的抗がん剤やアルファ線治療(TAT)の導入が進んでいることも、市場に好影響を与えています。さらに、継続的な技術の進歩や、核医学に基づく新しい製品の承認数が増加していることも、市場を後押ししています。その他、急速な都市化、医療インフラの継続的な改善、医療費の増加、個人の可処分所得水準の上昇なども、市場の成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]