搾乳ロボット市場、2028年に33億米ドル規模到達見込み

市場の概要

搾乳ロボットの世界市場は、2022年に18億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は10.7%のCAGRで成長し、2028年には33億米ドル規模に達すると予想されています。

搾乳ロボット、または自動搾乳システム(AMS)は、搾乳手順の完全自動化を可能にする機械式吸引機で、オペレーターが直接参加することを軽減することができます。ティートカップシェル、ライナー、パルセータ、真空ポンプ、タンク、レギュレータ、ゲージ、複数のセンサーを備え、乳質の評価や牛への飼料供給を支援します。搾乳ロボットは、下調べ、証明タグの識別、牛の乳量や電気伝導度など、さまざまな貴重なデータやインプットの取得を支援します。このほか、搾乳ロボットは人件費を節約し、熟練した農業従事者への依存を減らし、乳量を増やし、最小限の時間でより良い搾乳ルーチンを作ることで泌乳期間中のストレスをなくすことができます。これらの特性に基づいて、このソリューションは、継続的な検査を実施することで感染症のリスクを低減し、乳量を確保するために使用されます。現在、搾乳ロボットには、主にシングルストール型とマルチストール型、自動搾乳ロータリー型があります。

市場の動向

酪農産業が大幅に拡大し、人件費を抑えて乳生産を最適化するために、従来の搾乳技術よりも効果的なAMSソリューションへのニーズが高まっていることが、主に市場の成長を牽引しています。さらに、牛乳、凝乳、バターなど、さまざまな乳製品が健康上の利点や栄養成分を含んでいるため、その需要が高まっていることも影響しています。これに伴い、ロボットフレームワークモニターの登場や、ミルクの流れを積極的に分析し乳房炎を早期に発見するためのSCC(Self-Contained Controller)センサーの統合も、市場成長を促す要因となっています。このような技術は、搾乳性を最大限に高め、洗浄の必要性や各部屋をモニタリングするのに役立ちます。さらに、製品の品質を維持するために、牛や農場の管理などさまざまな機能を持つメーカーが、複数の高度な自動化技術を開発し続けていることも、市場の成長を促しています。このほか、牛の健康への懸念が高まり、技術サポートが充実した最新鋭のロボットが広く普及していることも、市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]