朝食用シリアル市場、2028年に1,303億米ドル規模到達見込み

市場の概要

朝食用シリアルの世界市場は、2022年に1,007億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は4.24%のCAGRで成長し、2028年には1,303億米ドル規模に達すると予想されています。

朝食用シリアルは穀物を加工したもので、牛乳やクリーム、豆腐と一緒に食べたり、新鮮な果物やシロップ、砂糖で甘みを加えたりすることが一般的となっています。これらのシリアルには、小麦、ライ麦、ソルガム、米、オート麦、トウモロコシ、大麦、キビ、キノアなどが使用されています。朝食用シリアルには、そのまま食べられるもの(RTE)と調理できるものがあります。ビタミン、タンパク質、炭水化物、鉄分、マグネシウム、食物繊維が豊富に含まれています。朝食用シリアルは、便秘、大腸障害、がん、高血糖の予防に役立ちます。また、肥満、2型糖尿病、心血管疾患(CVD)のリスクも軽減します。

市場の動向

大衆の間で健康意識が高まっていることは、市場の成長を牽引する重要な要因の一つとなっています。これに伴い、健康維持と免疫力向上のために、通常の食事、特に朝食に高繊維・高タンパク質の食品を加えようとする消費者の傾向が高まっていることが、市場成長の推進力となっています。さらに、栄養価の高さや忙しいライフスタイル、過密スケジュールなどにより、パッケージ化された朝食用シリアルが広く普及していることも、市場成長の促進要因となっています。このほか、オート麦、亜麻仁、チアシードなど、エキゾチックで健康的な朝食用シリアルの導入が、市場成長の原動力になっています。さらに、セリアック病の発生率の増加や乳糖不耐症の人口の増加により、グルテンフリーでケトフレンドリーな、有機朝食シリアルが上市されたことは、市場成長に好影響をもたらしています。さらに、COVID-19感染症の発生とロックダウンの実施により、ミューズリー、グラノーラ、小麦ブラン、ポリッジなどの家庭用温朝食が増加し、市場成長に好影響を与えています。その他、消費者の支出能力の向上、電子商取引プラットフォームによる製品の入手容易性、食習慣に対する西洋の影響力の高まり、労働人口の増加などの要因が、市場の成長を牽引することが予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]