モノクローナル抗体市場、2028年に3,078億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のモノクローナル抗体市場は、2022年に2,074億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は6.9%のCAGRで成長し、2028年には3,078億米ドル規模に達すると予想されています。

モノクローナル抗体(mAbs)は、不要な細胞に対する免疫系の攻撃を強化、変更、復元、模倣することができる代替抗体として使用される実験室で生産されるタンパク質です。免疫系を強化することにより、がん細胞を検出し、破壊する目的で利用されています。また、がん細胞と細胞増殖を促進するタンパク質との結びつきを阻害するために使用されます。さらに、免疫系細胞ががん細胞に対して効率的に働くためのタンパク質の形成を阻害します。このほか、放射線照射を直接がん細胞に行い、健康な細胞への影響を最小限に抑えることもできます。

市場の動向

現在、癌、心臓病、脳卒中、糖尿病、関節炎などの慢性疾患の有病率が高まっていることが、市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。これに加えて、大手メーカーは、アルツハイマー病、ハンチントン病、パーキンソン病、レビー小体病などの神経変性疾患を治療するための強化型mAb薬を導入するために、研究開発(R&D)活動に大規模な投資を行っています。また、顧客基盤の拡大のために様々なマーケティング戦略に注力しており、これが市場の成長に寄与しています。さらに、がん細胞、免疫抑制、免疫調節分子など、さまざまな抗原を治療するためのヒト化mAbの需要が増加しており、市場の投資家に有利な成長機会を提供しています。このほか、世界中でがん治療のための費用対効果の高いバイオシミラーmAbの需要が高まっています。このことは、医療業界の急成長とともに、市場の成長を後押ししています。さらに、次世代シーケンサーなど、さまざまな遺伝子プラットフォームにおける技術的進歩が、市場に明るい展望をもたらしています。さらに、世界中でmAbs生産における高度な遺伝子工学技術の採用が増加しています。このことは、mAb治療の利点に関する人々の意識の高まりと相まって、市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]