真空断熱パネル市場、2028年に118億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の真空断熱パネル市場は、2022年に87億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は4.9%のCAGRで成長し、2028年には118億米ドル規模に達すると予想されています。

真空断熱パネル(VIP)は、大気圧による外的負荷に耐える開放型多孔質芯材と、必要な真空品質を維持するための気密性の高い外装からなる平板状の部材です。熱に敏感な製品を長時間、高温下で輸送する場合に最適です。断熱材の厚みが少なく、高い断熱性能を発揮します。そのため、VIPは世界中の建設業界や物流業界において幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

近年、ナノテクノロジーと材料科学の著しい進歩により、既知の熱物理学の理論的原理を実際に適用することが可能となり、高性能断熱材の開発が行われるようになりました。このことは、世界的な急速な工業化・都市化に伴う建設活動の増加と相まって、市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。VIPは、戸建住宅、集合住宅、保育所、オフィスビルなどの新築・改築時の外断熱・内断熱材として使用されています。また、床、ファサード、フラットルーフ、テラス、壁、屋根裏のハッチ、階段の断熱材としても利用されています。さらに、冷蔵トラックや輸送システム、自動販売機、冷蔵庫や冷凍庫、ワインクーラーなどの保冷庫、医療品や医薬品の包装にも使用されています。また、家庭用オーブン、炉、温水タンク、集光型太陽熱発電所などの高温用途にも、特に耐熱ガラス繊維コアパネルを使用したVIPは有効な選択肢となります。さらに、VIPは従来の断熱パネルよりも優れた断熱性能を発揮するため、市場の成長に拍車をかけています。加えて、世界的な低温貯蔵施設の急速な拡大が、市場の成長を後押ししています。

主要な市場区分

世界の真空断熱パネル市場は、タイプ、原材料、芯材、用途に基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

フラットパネル

特殊形状パネル

原材料別の市場区分

プラスチック

金属

芯材別の市場区分

シリカ

ガラス繊維

その他

用途別の市場区分

建築

冷却・凍結装置

物流

その他

市場の競合状況

世界の真空断熱パネル市場における主要な企業としては、Avery Dennison Corporation、BASF SE、Etex Building Performance NV (Etex Group)、Evonik Industries AG (RAG-Stiftung)、Kevothermal Ltd.、Kingspan Group plc、Knauf Insulation、Morgan Advanced Materials、OCI Company Ltd.、Panasonic Corporation、TURNA d.o.o.、Va-Q-Tec AGなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]