アグリツーリズム市場、2028年に1,143億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のアグリツーリズム市場は、2022年に588億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は11.3%のCAGRで成長し、2028年には1,143億米ドル規模に達すると予想されています。

アグリツーリズムとは、農業生産・加工活動と観光を融合させ、観光客を楽しませ、レクリエーションを目的とした商業事業です。農家には副収入を得る機会と、消費者に直接販売する手段を提供します。また、地域社会にとっては、地方税が増加する可能性があります。このほか、農地の保全や州の事業展開にも役立っています。現在、アグリツーリズムは、農村経済の活性化、農業に関する教育、地域住民への雇用機会の提供などの理由から、世界中で絶大な支持を集めています。

市場の動向

現在、農家は競争力を高めるためにアグリツーリズムを導入し、農家のライフスタイルの独自性を生かす傾向が強まっています。これは、農村開発への注目の高まりと相まって、市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。さらに、アグリツーリズムでは、釣り、収穫祭、乗馬、野生動物の写真撮影、野外農場宿泊、馬車やそりの乗車、羊毛刈り、農場の作物を使った料理教室、動物ガイドツアー、歴史再現など、さまざまな農場でのアクティビティを提供しています。このほか、結婚式や集会、プライベートパーティーなど、農場を利用したイベントもかなり増えています。これは、世界各国でアグリツーリズムへの参加が増加していることと相まって、市場の成長を促しています。このほか、農村のライフスタイルに魅了された観光客が、農場を訪れて本物の農産物やサービスを利用しています。このことは、果物の収穫体験活動の増加とともに、今後数年間、市場に明るい展望をもたらすことが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]