食品甘味料市場、2028年に1,042億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の食品甘味料市場は、2022年に893億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は2.3%のCAGRで成長し、2028年には1,042億米ドル規模に達すると予想されています。

食品甘味料とは、保存、発酵、焼成、カラメル化などの技術により、様々な食品や飲料に甘味を与える食品添加剤を指します。これらの化合物は、天然物から入手することも、人工的に加工することも可能で、食感、味、成分との相互作用の点で、砂糖と似ています。このほか、食品甘味料は低カロリーで、虫歯の予防、血糖値のコントロール、糖尿病への抵抗、体重調整などに役立ちます。これらの特性から、スープ、菓子、キャンディー、ソース、ドレッシング、その他の焼成製品に利用されています。現在、ショ糖、デンプン、高甘味度甘味料(HIS)タイプで市販されています。

市場の動向

食品・飲料分野で食品甘味料が広く導入されているのは、ダイエットコーラ、ヨーグルト、アイスクリーム、穀物系デザートなど、低糖質・低カロリーの嗜好品への需要が高まっているためと考えられます。これは市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。さらに、健康志向の高まりや、肥満、糖尿病、心血管疾患、その他の生活習慣病などの有病率が世界的に上昇していることも、この市場を後押ししています。さらに、従来の砂糖の味を模倣するために、ステビアや蜂蜜などの有機成分からなる天然甘味料が登場したことも、市場の成長を促進する要因となっています。また、キシリトール、エリスリトール、マンニトールなどの人工甘味料やその他の砂糖代替品を菓子に配合することで、メーカー各社はポートフォリオの拡充に力を入れており、市場の成長を大きく支えています。また、主力企業間の戦略的提携や研究開発への投資の増加などの要因も、世界の食品甘味料市場に明るい展望をもたらしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]