デジタルマップ市場、2028年に101億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のデジタルマップ市場は、2022年に47億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は14%のCAGRで成長し、2028年には101億米ドル規模に達すると予想されています。

デジタルマップとは、特定の道路や地域、地理的な場所を表現するために使用されるウェブベースのソフトウェアソリューションのことを指します。データを収集し、デジタルフォーマットによって画像化することで仮想的に作成され、デジタルインターフェース上に表示されます。様々なグラフィック要素で構成され、それらを組み合わせることで、特定地域の水域、道路、重要なランドマークなどの情報を提供します。また、異なる場所間の距離を計算するためにも使用されます。デジタル地図は、拡張性、正確性、リアルタイム情報、相互作用、コンパクトなシステムなど、さまざまなメリットを提供します。そのため、スマートパーキング、位置情報、交通情報、渋滞情報、ナビゲーション、ロジスティクス管理などで幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

急速な都市化とナビゲーション用モバイルコンピューティングデバイスの導入が増加していることが、市場を牽引する重要な要因となっています。3Dプラットフォームや、可視化、シミュレーション、動的な位置情報入力を使用する高度な技術への需要が高まっています。さらに、建設・エンジニアリング分野でのデジタルマップの活用が進んでいることも、市場の成長を後押ししています。建設技術者は、効率的なインフラ計画や建物の適切な安全対策を実施するために、地域データを視覚化しています。さらに、大量の地理空間情報を処理するデジタル地図ソリューションにおけるクラウド技術やビッグデータの登場など、さまざまな技術的進歩も市場の成長要因として作用しています。乗用車や商用車にリアルタイムデジタルマップが導入され、ユーザーフレンドリーなプラットフォームが開発されていることも、市場をさらに牽引することが予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]