ステッパーシステム市場、2028年に40億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のステッパーシステム市場は、2022年に31億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は4.45%のCAGRで成長し、2028年には40億米ドル規模に達すると予想されています。

ステッパーシステムとは、様々な機械装置に搭載される高トルクステッパーモーターによる高性能マイクロステッピングドライブからなる統合ソリューションのことを指します。このシステムは主に、電力を機械的な力に変換する電気化学デバイスとして機能するステッピングモーターと、1軸および2軸のモーター、電源、インターフェースケーブル、設定ソフトウェアで構成されています。位置と速度の正確な制御を提供するために一般的に利用され、3Dプリント装置、繊維機械、印刷機、医療用画像機器、ロボティクスなど、正確な位置と速度制御が必要なアプリケーションに使用されています。

市場の動向

世界中でロボット産業が大きく成長していることは、ステッパーシステム市場の成長を牽引する重要な要因の一つです。さらに、産業界で自動化機器の利用が増加していることも、市場成長を後押しする要因となっています。ステッピングモーターは簡単に導入でき、優れた性能を発揮するため、産業機械やロボットに広く導入されています。また、小型化されたモーターの開発により、優れたトルク速度、精度、効率を必要とするアプリケーションに導入されるようになりました。さらに、ステッピングモーターに入出力(I/O)端子を統合するなど、コスト効率や空間的制約のある機械での使いやすさなど、さまざまな運用上の利点を提供する技術的進歩も、市場に明るい展望をもたらしています。その他、急速な工業化や広範な研究開発(R&D)活動などが、市場をさらに牽引することが予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]